KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:補修

長い梅雨が明け、ようやく熱い夏の気配がしてまいりました。
先の大雨で被災された方々に、お見舞い申し上げます。

コロナの事もあり、気分の晴れない日々が続いている今日この頃ですが、皆様、お元気でしょうか。 
経理・総務チーム 河村です。

先日、我が家の急須が、
急須1
こうなりました。
急須2
これは一大事です。
寒い日はもちろん、夏の暑い日にも毎日欠かさず緑茶を飲んでいる我が家で、あろうことか一番要の急須の蓋のつまみが、とれてしまったのです。

どうやって蓋をとるのだ。
これでは火傷してしまうではないか。
お茶は、お茶は、もう飲めないのか。

もう阿鼻叫喚の騒ぎです。

ふふふふふ
地の底から這いあがってくるような笑い声をあげ、私が立ち上がったのは言うまでもありません。
「下々の者、案ずるではない。私には強い味方がついているのだ」
その時、私が手にしていたのはこれです。
ボンド3
疑心暗鬼の眼や声の中、背中を丸めて只ひたすらぬりぬりし、ついに貼付けました。
ボンド4
その日一日、麦茶を飲みつつ緑茶に思いを馳せ、念のため一晩おくことに。

次の日、急須は見事に復活しました。
完全復活です。
完成5
この日の我が家は、歓喜の声鳴りやまず、飲めや歌えの大騒ぎ。 

美味しいお茶が頂けました。
このボンドは、今では我が家の必需品です。
何かと何かをくっつけたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、恋愛のこと以外は、この
多目的クラフトボンドNeo
本当に重宝致します。
是非、是非お試し下さい。

これから大変な猛暑になるようです。
皆様、何卒ご自愛ください。


こんにちは。
カスタマーサポートチームの大橋です。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
最近は、新型コロナウイルスの情報で気持ちがめいりがちですね。
早く平穏な状態になってほしいと、願ってやみません。

先週は、近くの公園の桜も満開に近い状態でした。
季節は、本格的に春ですね。
画像1
しかしながら、なるべく外出を自粛する状況なので家にいる時間が長くなりました。
そんな時こそ、気になっていた物を補修しよう!と、冬用のバイク用品を補修しました。

この冬用のジャケットも、25年以上は着ています。我ながら、物もちいいですね。
画像2
良く見るとこんなことに。
あーあ。
画像3NEW
そこで【水に強い布用両面テープ】を使って簡単に補修しました。
水に強い布用両面テープ画像
お気に入りの生地をアイロン掛けして整えて、
画像4
貼り付けるだけで完成です。
簡単に良くなりました。
画像5
暖かそうなネルの生地なので貼った後は、着ると背中がほかほかしました。

それから・・・こちらの冬用のグローブも補修しました。
あちこち破れてます。
画像6
破れてしまったところに【合皮用 補修シート】を貼りました。

合皮用補修シート画像NEW
画像7
さらに補強のために周りを縫いました。
簡単糸通し】は便利です。
簡単糸通し画像NEW
画像8
我ながら良くできました。
直す前よりかっこよくなりました。(自画自賛)
画像9NEW
これでまだしばらくは、使えそうです。
これからも大事に使おう。

みなさんもご自宅にいる時間に、何か気になっている物を直してみませんか?
直すと気持ちも良くなって、物にも愛着がわいてきますよ。

みんなで力を合わせて平穏な日常に戻れますよう、がんばりましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
どうぞ体調には気を付けてお過ごしください。
では、また。

皆さん、こんにちは!!
セールス課東日本セールスチームの小島です。

4月に入り、春を感じられる気候になってきております。
そろそろ冬物は本格的にしまい、春物の洋服の出番、衣替えの時期です。

私も先週のお休みの日に、衣替えをしたのであります。
そんな時、お気に入りのジャケットの“虫食い穴”を発見!!
1.ジャケット穴new
これはKAWAGUCHIの【カンタン補修】の出動です。

2.内容物
3.パッケージ裏面
パッケージ裏の使い方をしっかりと読んで、正しく使いましょう。
4.先カット
5.カット済粉
まず、ノズルの先をカットしましょう!
パウダーは細かい粒子です。
そして、補修箇所の穴の周りをきれいにカットしましょう。
6.共布new
補修する穴と同じ大きさにカットした、共布(丸い布)を穴にはめ込み、共布よりも大きめにカットした補強布を用意して、アイロンで圧着しましょう。
はがれにくいようにするために、アイロンの熱が完全に冷めるまで動かさないようにしましょう。
12.修正1new
冷めました!!
キレイに補修出来ましたか・・・
及第点ですかね。

皆さんもお気に入りの洋服を簡単に諦める前に・・・
KAWAGUCHIカンタン補修シリーズでリペアーしてみましょう!!

こんにちは。
マーケティング課クリエイティブチームの長谷川です。

やっと冬らしくなってきたと思ったら、2019年ももう残すところあとわずかですね。
1-momiji_0980


------------------------------------------------------------------------------------------

アウトドア好きの私、趣味で時々山に登るのですが
先日買ったばかりのレインウェアが、早速破けてしまっていました(悲)。
4-ana_1172
レインウェアに “ 破れ ” は、禁物!
補修してみることにしました。


これを使います。
『 ナイロン用 補修シート 』
5-hoshusheet_1198

私のレインウェアは、紺色。
ちゃんと透明や半透明の補修シートがあるので、どんな色のものでも、柄ものにも対応できます。

6-hantoumei_1176
実際は7x30cmのシート状になっていますが、ちょうどいいサイズにカット。
はがれにくいように、角を丸く切ります。
(↑画像は半透明をカットしたものです)

これが問題の穴・・・
7-ura_1173
 1cmくらい切れているだけなので、裏から貼るだけで大丈夫でしょう。
8-afer1_1177
できました!
アイロンがかけられない素材なので「シールタイプ」というのがほんとに便利。

表から見ても、ぜんぜん目立ちません。
9-after-2_1179

簡単にできるので楽しくなってきてしまい、
ほかに補修するものはないかと探すほど。

で、、、
ザックの破れも補修することにしました!
10-before_1182
今度は、黒のシートを使います。
11-bracksheet_118412-cutbrack_1185
裏から3カ所・・・
13-3point_1187
表がちょっと目立つので、ここは1枚大きめのものを貼ってみます。
14-finish_1189
たった5分ほどで完成です!
15-after_1193


ちょっと贅沢使いではありますが、
仕上がりがキレイ! “ 補修感 ”なし!

(大きな破れや穴は、裏表の両方から貼るのがおススメです!)

山やアウトドアの道具は、水(雨)に濡れることが多いので、
今回使ったこのシート
「水洗いOK」=「水ではがれにくい」というのがアウトドアに向いています!




冬のキャンプでは、“ 焚き火 “ が流行っていますね。
火の粉でせっかくのウェアに穴が開いちゃった!ということもよく聞きます。
17-fire_1217

それにともなって、燃えにくい “ 焚き火ウェア “や 防炎素材のギアが各メーカーからたくさん出ていますが、なかなか買い替えるのもたいへんです。
もし穴が開いてしまったら、まずは補修をぜひ試してみてください。

------------------------------------------------------------------------------------------

アウトドアメーカーでも、サスティナビリティ・エコの観点から
積極的に修理(リペアサービス)を行っている会社が増えています。

環境への取り組みというと、何から始めていいのかわかりませんが、
「モノを長持ちさせる」「大事に使う」ということは
すぐに実行できますし、個人的にも経済的。

なによりも簡単!キレイ!楽しかった!です。


今後も、“ アウトドア “ に  “ エコ ” に楽しく取り組みたいと思います。
19-fin_1126
 


みなさん、こんにちは。
あんなに暑かった夏も過ぎまして、少しずつ過ごしやすくなってきました。
朝晩は、肌寒い日もあるくらいですね。
カスタマーサポートチームの大橋です。

今日は、私の今年の夏の思い出?についてお話したいと思います。

その一。
来年の東京国際キルトフェスティバルのパートナーシップキルトのために、パッチワークの作品を作りました。
今回のテーマが「私の好きな動物」でしたので、家のワンちゃん(はるちゃん)を作品にしました。
画像0
チクチクと針で布を縫うと、意外と心が落ち着いて良かったです。
”パッチワークセラピー”というのは大げさでしょうか?
ゆっくりと少しずつ作りましたので、完成して発送する時はなんだか寂しい気持ちにもなりました。

そしてその二。
チクチクと時間をかけて縫うのとは正反対で、両面テープを使った簡単な作業で、バイクの服をリペアしました。

この服も気に入っていまして、だいぶ長く使用しています。
ん?もしかして20年、いや、25年くらい使っている?
一体どれだけ使うつもりなのでしょう?
でも、時々バイク用品店に新しい服も見に行くのですが、今の服の使い勝手の良さよりも良い服が未だ見つけられないので、使い続けている次第です。
画像1
しかし、最近は襟の所がひどいことになってきました。
画像2
画像3
いよいよもうダメかなと思いましたが、、、
「待てよ、簡単にリペアできるぞ!」
と名案を思い付きました。

使用したのは、新商品の「水に強い布用両面テープ」です。
1)水に強い布用両面テープPOP_300_150
お洗濯しても剥がれない優れものです。

まず、貼る布を決めて、アイロンを当てて布を整えます。
画像4
貼る箇所の大きさに合わせて布を切り、布の裏の四隅にこの両面テープを貼ります。
画像5
しわにならない様に気を付けながら、傷んだところを覆いかぶせるように布を貼ります。
画像6
画像7
「よーし!完成――!」
これでまだ、しばらく買い替えを悩まずにすみそうです。
画像8
今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
みなさんはどんな秋を過ごされるのでしょうか?
どうぞ良い秋をお過ごしになります様に。
では、また。

このページのトップヘ