KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:梅雨

こんにちは。
経理・総務チームの河口です。

毎日暑い日が続いておりますが、梅雨の晴れ間に覗く太陽はもう夏のようです。

梅雨の時期は掃除に最適!集中してお家の掃除ができますよね。
そんな掃除の最中に私の手を止めるものが、アルバムや思い出の品です。
出てくる度に手を止めてしまい、なかなか進みません。
これは掃除あるあるではないでしょうか。
掃除の手を止めさせた私の宝物のひとつを、今回のブログで紹介したいと思います。
 
小さな頃から文房具が大好きで、誕生日やクリスマスのプレゼントに何が欲しいか聞かれると、必ず文房具!と答えておりました。
今でも雑貨屋さんやお店で見つけるとワクワクします♪

最近は、オシャレでカッコイイ文房具や、可愛いもの、機能性の高い商品など沢山あります。
そんな魅力的な文房具が数ある中、私の宝物はこちら ↓ ↓ ↓
 
☆消しゴム
もったいなくて開封できず、うん十年
画像1
 
☆鉛筆
娘は躊躇なく削ります
画像2

☆折り紙
フィルムの折り紙を眺めているだけでニンマリ
画像3
画像4

☆メモケース&シール
画像5

☆ポケットティッシュ
香り付きのものは匂いまで鮮明に覚えています
画像6

 ☆お裁縫箱
画像7
 
こんな昭和レトロな私の宝物ですが、箱を開ける度、その頃の気持ちがよみがえりキュンとします♡
そして私の掃除の手を止めさせます。

梅雨が明けるまでに、楽しみながらお家の掃除をしたいと思います!

こんにちは。
セールス課の河口万里です。

関東もそろそろ梅雨入りでしょうか。
「梅雨」は木の葉などの上の雨水を指す露(つゆ)とかけている、または梅が完熟してつぶれることを潰ゆ(つゆ)ということから、という古い言い伝えがあるそうです。
梅雨という天気の変化に「梅」が使われるのは、この雨ばかりの気候が続く時期にちょうど梅が実る頃だからだそうです。
blog_1
 
私は眠り落ちるまでに時間がかかるため、寝る際にはリラックス効果のある音楽や音を聞いて寝ます。その多くに雨の音や水の音が入っているのですが、雨の音には脳波をリラックスさせ集中することの出来るアルファ波に変える効果があり、アメリカの企業では集中力が高まる雨の日に大事な会議やミーティングをするとこともあるそうですよ。
集中力が高まるこの時期に、読書やおうち時間楽しんで行きたいですね。

雨が止んでいる時は、愛犬のお散歩です。たくさんの陽を浴びて免疫力もUPすることでしょう。
blog_2
 
最近、そんなお散歩にかかせないのがこちら。


予備用マスクを入れたりするのはもちろんのこと、日々使用する目薬や飲み薬を入れたり、愛犬のおやつを入れて持ち歩く時にも活用。
このジッパーポーチの生地の中に、抗菌剤を練りこんで加工しているため、ポーチの外側だけでなく内側にもしっかり抗菌作用があるので、おやつを入れても安心です。
IMG_0151

そして食事をする時に外したマスクをどこに置く⁉問題は、こちらで解消しております。


タオルハンカチとしても使用でき、マスクの保管もできる一挙両得⁉なポーチです。
外出時にハンカチやタオルを忘れることが度々ある、うっかりな私…
でもコロナ禍になってから、マスクを外しての外出や予備マスクは忘れる訳にはいかないので、必ず持ち歩かないといけないですよね。なので、タオルにもなってマスクの保管もできる、こんな楽なマスク入れがあったら嬉しいな~と思った商品がズバリこちらでした♪
このポーチの内側には高い抗菌性能がある銀と銅の繊維を付着させているので、安心してマスクを保管しておくことができます。
blog_4
 マスク着用生活はまだまだ続きそうですが、これから梅雨、そして明けると暑い夏がやって来ます。色々なシーンで、マスクと上手く付き合っていきたいと思います。

みなさん、こんにちは。
カスタマーサポートチームの大橋です。
今年は、例年よりもだいぶ早く梅雨入りしましたね。
早く梅雨入りした分、早く梅雨明けするのかというとそうではないらしく、その分梅雨が長くなるらしいです。
コロナ禍+長い梅雨を考えると、ちょっと気分も滅入りがちです。

半年ほど前にこのブログでメダカのことを紹介しましたが、私は週末にメダカの水槽の水替えをしています。
スポイトで水槽の底にたまったゴミを吸い取りながら、少しずつ水を替えています。
時間もかかり手間ですが、意外と楽しくしています。
画像1
画像2
ちょうど今頃はメダカの産卵の時期で、良く見ると水草などに卵を見つけられます。
画像3NEW
うちのメダカは卵を食べてしまうので、卵を見つけては別の水槽に移して保護しています。
水替えの時も卵が混じっている時があるので、慎重にしています。
画像4
そして、先日から卵を入れた水槽では、メダカの赤ちゃんが生まれはじめました。
画像5
画像6
「1、2、3、・・・16!また生まれてる!!」
水槽の中をのぞいて、赤ちゃんメダカの数を数えるのが楽しみになっています。
これから雨のステイホームでも、メダカのお世話をして癒されようと思います。
みなさんもどうぞ体調にはお気を付けて、お過ごしください。
それではまた。

急に暑くなったり寒くなったり安定しない毎日ですが、いかがおすごしですか?
マーケティング課の巻田です。

毎年この季節になると通勤路が色とりどりの紫陽花であふれ、まさに「紫陽花ロード」になって、雨の中でも、とても嬉しい通勤になるのですが・・・
IMG_7890
今年は、まだまだ・・・ひっそりです。
早く満開にならないかなーと、楽しみにしながら通勤する毎日です。

今回は、そんな通勤に欠かせないモノを作った自慢です(^_^)
なぜなら、まわりの人に見せる度になぜか笑いが起きて、あまり褒めてくれないから。
ここで自慢させていただきます(笑)

かなり長い間愛用していた革製の定期入れが、あまりにボロボロになって格好悪かったので、前からちょっとトライしてみたかった定期入れを縫おう!と思い立ちました。
大好きなブルー系のハギレセットを購入したので、それを活用。

とにかく入れたいものが、全部ちゃんと収まるように。
でも大きくなるのはイヤなので、極力コンパクトに仕上げたい。
こんな定期入れが欲しい!という自分の理想の形を、数学が苦手な頭から煙が出る程考えてパターンを引き・・・
定期2
裁断して、縫う!
いろんなピースがあっちこっちと、まるでパズルのよう・・・(@_@)
IMG_7363

IMG_7365
出来ましたー!!!
じゃーん!
定期3
IMG_7366
定期入1
定期4
ちゃんとポケットもつけて、理想通り!
若干パンパン感は否めませんが、入れたいものが全てコンパクトに収まっている!
めちゃくちゃ満足!

家族や友人に自慢すると・・・
「・・・・・・う、うん。。。いいね・・・」
と、明らかに目が泳ぐ・・・
あれ・・・?予想外の反応(笑)

総体的に、
「なんで、こんなにぴちぴちな設計にしたん?!?!」
という感想ばかり。

まあ、自分が気に入っていれば良いのです!
でも確かに若干出し入れがしにくく、もう少し余裕があっても良かったかな・・・(^^ゞ
と、悔しいので改良を目論んでいる毎日です。

さて。
新発売の大好評【布でつくる みつろうラップ】!
お洋服を作って残ったハギレで作れば、エシカルで、しかもお気に入りの柄で生活が彩れる!
と、テンションあがりつつ・・・
IMG_7730
作ってみました!楽しい!
右がハギレ、左がみつろうラップにしたものです。
めちゃくちゃ簡単に出来て楽しいので、是非皆さまも作って、生活に取り入れてみて下さいね!

みなさんこんにちは!
生産管理チームの井出です。
今年は関東地方の梅雨明けが記録的な早さで、大阪も近いなと期待していたのですが、台風と梅雨前線のせいで雨の日が続きました…
でも、来週は天神祭、大阪もいよいよ一番暑い季節の到来です。

家族1

大阪生まれ大阪育ちの私ですが、齢20代半ばに東京転勤の片道切符…
2年前、30数年ぶりに大阪へ帰ってきました。
今は生まれ育った実家に居候。
当時40、50才だった両親は80、90才。
久しぶりに一緒に暮らしてみて、二人とも想像以上に「老い」が進んでいて、ずいぶん時が経過したものだなと実感しています。

話は変わりますが、人生には五つの「縁」があるとの説を教えていただいたことがあります。
血縁、地縁、学縁、仕事縁、趣味縁です。
地縁、学縁は転勤、時の経過とともに段々に薄れ、趣味仲間とは今回の転勤で今はやや希薄になっています。
その一方、人間として生まれて最初の縁である血縁を強く感じる生活に戻りました。

老いが進行中の両親は、この2年間で、二度救急車のお世話になりました。
そんな状況もあり、大阪在住の妹と相談、話し合う機会が必然的に増えました。
その結果介護サービスを利用するとともに、妹が週に二日ほど両親の面倒を見に来てくれることになりました。
30数年の時を経て、昔の家族4人で一つ屋根の下に居る時間が戻ってきたのです。
妹とは子供の頃、しょっちゅう喧嘩をしていた思い出しかなく、コミュニケーションらしいコミュニケーションは無かったように記憶しています。
ですが今は、両親が老いたことで妹とは昔と違う会話、コミュニケーションができるようになりました。
(老いに感謝?)

家族2

優しい兄貴として接してあげられなかった自分への反省も込めて、今は優しく接することができていると思っています。
昔がレコードのA面なら、今はそのB面のように…

幸いなことに、まだ仕事縁、趣味縁もあり、縁に触れて関わる人たちもたくさんいます。
その人たちの背中にそれぞれの「家族」があるということもかつてより強く思うようになった自分がいます。

「人類みな兄弟」と言った人がいましたが、みんなが自分の「家族」だけでなく他人の「家族」も、もう少しだけ考えられるようになれば、“あたたかい“やさしい”やわらかい世の中になっていけるのかな…
と、思う今日この頃です。

このページのトップヘ