KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:東京

こんにちは、セールス課リテールチームの永用です。
コロナでどこかに出かけたり、誰かに会ったり、遊ぶことが思い切りできない期間が続いています。
そんな中でも子供たちと一緒に家族で「楽しみたい!」と、東京City Kayakをしてきました。
KAWAGUCHI本社のある東京日本橋をいつもと違う角度でお伝えします。

出発は茅場町。
日本橋まで登って、そこから隅田川まで下り、ぐるっと回って1時間半のコースです。
画像1
画像2
日本橋水門をくぐって日本橋川へ。
日本橋エリアの橋をいくつもくぐって進みます。
画像3
日本橋を目指して、首都高の下をすいすいと進みます。
カヤックは水辺のレジャーですから、ひっくり返って沈するリスクはつきもの。
ですが、この周辺の水はお世辞にも綺麗とは言えず、ここで沈したらもう終わりという何とも言えない緊張感を味わいました。

そうしている間に!
「ここはお買い物でも良く来る場所!」
気づいた息子が指さします。
画像4
そう、日本橋です。
江戸時代の1603年(慶長8年)に木造の初代日本橋が架けられました。
その後、江戸時代には多かった火事で焼け落ちるなどして、日本橋は何度も架け替えられたそうで、現在の日本橋は20代目に当たるとされています。
有名な北斎や広重の浮世絵の中にも日本橋のある江戸の風景が描かれています。
形が変わっても江戸の時代から他の橋とは別格で、格式の高い立派な橋です。
現在の日本橋は1911年(明治44年)に木造だった以前の橋に替わり、石造りの二連アーチ橋として完成しました。
「日本橋」の文字は、最初の橋をかけた江戸幕府初代将軍の家康との縁で、最後の将軍徳川慶喜が筆をとったそうです。
今、幕末・維新の時代に夢中な私にとって、これはぐっとくる情報です。

日本橋の四隅には東京の紋章を抱く獅子像、中央には凛とした佇まいの麒麟像があります。
獅子は東京の守護、そして麒麟は東京の繁栄を意図して配置されたそうです。
いにしえの中国で麒麟は「瑞兆」良いことが起こる前兆として姿を現す「瑞獣」とされてきたようです。
日本橋の麒麟には、本来はない羽根がつけられています。
日本橋は日本中の道路の起点であり、「日本橋から飛び立つ」という意味を込めて翼が付けられたと聞きます。
画像5
画像6
石造りのアーチの下をくぐりました。
美しいアール。
画像7
太陽の光がゆったりとした水面に反射し、石造りアーチがキラキラと。
日本橋を後にして隅田川へ、ここまでくるとまた違ったカヤッキングを味わえます。
景色が開けて、観光船や屋形船、自家用ヨットが行きかいます。
画像8
画像9
東京本社のある日本橋の景色を楽しみ歴史に触れられる、大満足の東京City Kayakでした。












こんにちは。
経理・総務チームの河村です。

10月に入ったばかりというのに、寒暖の差があるせいでしょうか。
咳がとまりません。
カゼか?と思い病院にも行きましたがカゼではないらしく、お医者様は最近私のような咳をする方が多いと仰っていました。
咳は一度出始めると本当にきついので、皆様お気をつけ下さい。

そんなこんなで体力の衰えを感じ始めた私は、ここ最近“歩く”という事をしております。
誰だって歩くだろうとお思いでしょうが、歩行距離が10キロ前後のウォーキングイベントに参加し、えっちらおっちら歩いています。
これが生来の運動音痴、運動嫌いの私にぴったりで、好きな時間に出発し自分のリズムで、あれやこれや見ながら決められたコースを歩く。
風や陽射しを感じながら、いままで知らなかった街の別の顔を知る。
”歩く”っていいなぁとつくづく思います。
大体コースは都内なので、東京という街のいろいろな顔を見て毎回驚いたり感激したりしています。
普段、写真自体撮らないのですが、東京の良さをお知らせすべく観光写真を撮ってみました。
まずは、増上寺から望む東京タワー。
№1
虎ノ門の愛宕神社「出世坂」と呼ばれる階段ですが、私は迂回しました。
男坂ですから。
№2
上野東照宮 恥ずかしながら上野に東照宮がある事を知りませんでした。
№3
観光コースを取り入れているせいか、神社仏閣が多いです。
又、緑も多いのですが撮れている写真は明治神宮外苑のいちょう並木。
写真NEW

と、どこか分からない風景。
№9
本当に、東京には緑が多いんです。
分かりにくいですが。

それから迎賓館。
№7
見えにくいと思いますが・・・正面の屋根上部の対になった飾りのような物。
あれは甲冑を着た武士だそうです。
武士に迎賓館を守らせる・・・?という意図だったのでしょうか。

そして、今現在工事中の国立競技場。

№8
わかりにくい?写真ばかりですみません。

と、言いますか・・・
東京の観光大使をやりたかったわけでも、なかったんでした。
歩く事の素晴らしさをお伝えしたかったんでした!

私が感じる素晴らしさは、歩くという事、歩けるという事に感謝し自分の体を自分が動かしていると実感する時間、歩くしか移動手段のなかった人達に思いを馳せる時間、焦る事なく自分のペースを守れる時間、そういったゆったりとした自分を見つめることのできる大切な時間だと思っています。

皆様も、いつもより少しだけ遠くへ歩いてみませんか。
今まで見えなかった何かが、見えてくるかもしれません。

このページのトップヘ