KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:名前

こんにちは。
セールス課東日本セールスチームの小島です。

朝晩はしっかりと冷え込み、すっかり冬めいてきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

今回はうちの家庭でも大活躍の・・・
9月30日に新発売となった『プチッとネーム』をご紹介させて頂きます。
コレ!!
とっても便利なんです。
使ってみるとわかるんです。
画像1
カラーバリエーションは、6色だからお好みのカラーを!
画像2
取付けは簡単ワンタッチ!ゴムの先端を通してプチッとはめるだけ!
輪の部分に付けた際、取り外す時はゴムをはさみでカットします。
画像3
画像4
画像5
私のオススメはビニール傘の目印!
画像6

画像7
うちにはちびっこが二人いるので、主に『ちびっこくつ』『ちびっこかさ』につけています。
自分のものとして認識できるので、好きなシールや白いシールにお絵かきをして楽しんでいます。
おなまえを書かなくてもお絵かきしたシールを貼ると、よりオリジナリティのある目印となります。
ちびっこたちは自分のおもちゃやお菓子につけたりして、自分のものとしての主張をしております。

また、介護の世界でも活躍の場を広げつつあります。
画像8
画像9
皆様も使ってみるとわかるものの良さ。
一度体験してみてはいかがでしょうか。

商品情報はこちらから。




はじめまして、こんにちは。
セールス課リテールチームの永用です。

春分を目の前に、二十四節気で今は啓蟄(けいちつ)。
「啓」は戸を開くことを意味し、「蟄」は虫が土の中にこもることを意味します。
春の輝く太陽の光と恵みの雨に大地がゆるみ、あたたかな風に誘われて虫が土から出てくるという頃です。
冬の名残の寒さとも、そろそろお別れです。
虫だけでなく、草木花も色鮮やかに春が巡ってきていることを私たちに伝えてくれています。

そして季節はもうすぐ新学期。
入学・入園または進級で子供の持ち物を新しく準備するこのタイミング。
新しいスタートに新しいお道具で、気分もフレッシュにうれしい子供たち…
親は名前書き・名前つけが結構な大仕事。
名前つけの作業は果てしないですが、当社の【布ペタラベル】や【モノペタラベル】があるとずいぶんスムーズにこの仕事が片付きます。
しかも仕上がりが美しく、名前が消えにくく長持ちするので、名前の書きなおし作業等の追加の仕事は、よっぽどのことがない限りやってきません。

買ったばかりの色鉛筆とモノペタラベルを手に、息子がテーブルにやってきました。
自分で名前つけする様子です。
私は写真を撮りながら見守りました。
画像1
画像2
息子は5年生なので自分で全部出来ますが、大人が手伝えば小さなお子さんでも自分で出来る作業です。
モノペタラベルは様々な素材にもぴったりくっつき、水ぬれするモノにも強いのが特長。

ラベルの大きさが、幼稚園の入園の際に作ったお名前スタンプのサイズにもぴったりです。
画像3
鉛筆のように名前を書く面積が小さく、その上表面が平らでない場合、直接スタンプはきれいに仕上がりません。
画像4
こういうものには、モノペタラベルにスタンプをしてから貼ることで、きれいにすっきり仕上がります。

自分のモノに自分で名前を付けることで、自分のモノを管理する意識が芽生えます。
それはモノを大切にする心を育てることにもつながると思います。
画像5
画像6
ママのお助けグッズ…実は子供の学びと成長のお助けグッズでもある!とお勧めいたします(*^_^*)
画像7


このページのトップヘ