KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:保温保冷シート

こんにちは。
マーケティング課の巻田です。
まだまだ寒い日が続いていますが、梅も咲いて少しずつ春の気配が近づいてきた気がします。

私はこの冬、ハマっていたものがあります。
画像1NEW
今更ながら”スープジャー”です。
今までは、
「良いのは分かるけど・・・荷物が重くなるし、かさが大きいし、なんとなく通勤に不便だなあ」
と思っていたのですが、コロナ禍で「ちゃんと食事のバランスを考えよう」と思ったのがきっかけで、購入してみました。
お店に行ったら、色んなメーカーの色んな形、大きさのものが出ていましたが、私は迷うことなく、この「THERMOS」一択です。
理由は冒険家の植村直己さんに憧れていたから(*'▽')!
元々山女な私は10代、20代の頃、冒険や山の本ばかり読んでいて、植村直己さんが書かれた本もたくさん読みましたが、その中に「テルモス」を使うシーンが出てきて一種の憧れがありました。
ちなみに・・・「テルモス」はTHERMOSのドイツ語の発音で、当時の日本では「テルモス」と呼ばれていたようですが、今では「サーモス」と呼ばれている方が多いようですね。
でも、私はなんとなく今でも「テルモス」と呼んでしまいます。

以前から愛用しているマイボトルも、もちろん「THERMOS」ですが両方ともやっぱり保温力抜群!
画像2
毎日、暖かいスープが楽しみになって、すっかりスープジャーにハマりました。
ですが・・・どちらも気に入ったケースがない・・・
というわけで、まとめて作ることにしました。

こんな時は、もちろん【保温保冷シート】を使います!
image3 (3)
生地は、以前衝動買いしていたラミネート生地を使うことにしました。
保温保冷シート、ラミネート生地の裁断にはロータリーカッターが便利!
カッター対応の定規をあてれば、滑らずにまっすぐきれいに裁断できます。
image2 (4)
image0 (6)
そして縫う時も・・・
image10
保温保冷シートやラミネート生地は、普通の押えだとすべりにくく縫いずれを起こしたりしますが【スムース押え】を使うと、問題なくスムースに進みストレスなく縫えます。
image7 (1)
あと、待ち針が打てない素材には【しつけテープ】が便利です!
11-200 (2)
サクサク縫って・・・
image4 (2)
内側に保温保冷シートを入れたら・・・
image3 (2)
完成ですー!
完成
鶏ガラでとったスープにお野菜たっぷり。
これでランチタイムは、あったかくポカポカです。
春が来て、夏が来る頃には冷たいメニューにも活躍させたいと思います!

こんにちは。生産管理課の曽根です。
 
最近は暑い日が続き、物流センターでは熱中症の注意喚起をしております。
皆さまも熱中症にはお気を付けください。
 
さて、その熱中症対策にと、受注管理課の大塚が、
当社の保温・保冷シートを使って、ペットボトルカバーを作りました。
講師は「つぼみ手芸部」の松川です。
(普段は大阪支店勤務ですが、仕事の都合で今週は草加物流センターにいます。)
 
教えていただきながら、出来上がった作品がこれです。
DSCN7606
そんなに時間もかからず、こんなかわいい作品が出来上がりました。
 
続いて、生産管理課の曽根、青野がティッシュケースカバーを作りました。
DSCN7607
これも、松川の指導により、短時間でこの出来栄えは素晴らしいです。
 
最後に講師の松川の作品です。
DSCN7608
こちらも、保温保冷シートを使って作ったペットボトルカバーです。
お昼休みの合間の短時間で作った作品です。作成が早く、出来上がりがきれいです。
 
いつもは、大阪と草加で離れて、それぞれが手づくりを楽しんでいますが、
今回、一緒に手づくりをしたことで、より一層、手づくりの楽しさを感じました。
 
次回のブログまでに、新しいことへのチャレンジも考えて、作品を作りたいと思います!

こんにちは!
マーケティング課の山上です。
毎日暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
わたしは最近、暑いことを理由にお弁当作りをサボっていました。
夏場のお弁当って、傷みが心配ですよね・・・
そんな心配を少しでも軽くする、商品がKAWAGUCHIにはあります。
  \ジャーン!/
12
このギンギラギンのシートが保温や保冷の力を高めてくれます。
しかも、こちらの保温保冷シートには
エコバッグやペットボトルケースやランチバッグなどのレシピが付いています。
しかしながら、今回はこのレシピを使わず、即席で
保冷が出来るお弁当箱ケースを作りたいと思います。
イメージ通りに作れるかな~?
14
まずは印をつけます。シートの印付けにはボールペンを使うと良いですよ。
そして、生地とシートをカット。
1110
生地とシートを袋状に縫います。
シートは滑りやすくて縫いにくいなー。しつけテープを使えばよかったかなー?
98
縫えました!ちょっと口が大きい気がするけどこんな感じかな。
7
フタも縫いました。うんうんいい感じ!
フタと本体を縫い合わせて・・・

65

出来ましたー!
ん?なんだかちょっとイメージと違うような?
口が広くてがばがば。これだと冷気が横から全部出ちゃうよね・・・
う~ん
4
 KAWAGUCHIの先輩方に相談しましたところ、
「口の両端をつまんでスナップボタンを付けてみたら?」との助言をいただきました。
なるほどー!
3
 マルチプライヤーを使えば後からでもスナップボタンを簡単につけることが出来るのです!
スバラシイ!
21

キュッと口の閉じた可愛い形になりました!!
13
生地もオシャレだしなかなかの出来じゃないでしょうか?
生地の取り方を間違えて、旗の柄が重力に逆らっていますが・・・
明日からはお弁当作りもはかどりそうです!
皆さんも保温保冷シート、是非使ってみてくださいね!

このページのトップヘ