KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:リメイク

こんにちは。
経理・総務チームの河村です。
このコロナ禍で不要不急を強いられていますが、皆様はどの様に時間を過ごされていらっしゃいますでしょうか。
私は最近ネット番組ばかり見ております。
映画やドラマ等自分の好みで選べるのが嬉しくて、次から次へと見ているのですが、
その中で面白かったのが「ソーイング・ビー」というイギリスの番組です。
1 (1)
KAWAGUCHIに勤めているので興味を持ったという事もありますが、兎に角人間模様が素敵で面白くて、そして洋服が出来上がっていく過程やその結果の勝敗など、もう当事者の様にドキドキしながら見ていました。
イギリスでは第7シリーズまで放映しているようですが、ネット番組では第4シリーズまでしかやっておらずあっという間に見尽くしてしまい、もっとやってくれないかと心待ちにしています。
中でもお気に入りなのが指定の洋服を90分でリメイクしなければならないというコーナーです。
まるで別物にしなければならないし、オリジナリティもださなければならないという難問に、それでも素晴らしい作品にしていく出演者に感動さえ覚えます。

それで私もやってみました。
2
このどうしょうもなく大きなシャツ。
捨てようとしていたので、ザクザク切っても惜しくはなし
4
このワンピースのようなものを作ろうと思います。
5
型紙を作ろうかとも思いましたが、直に裁ってもいいじゃないかという事で直裁ち。
6
切った~。
この時点で90分なんてとっくに過ぎています。
慣れた方にはこんな作業で?と思われるでしょうが時間は非情です。
7
完成!
脇を縫って、首回りと袖回りにバイヤスを縫い付けただけですが、私なりに満足です。

頭の中で、番組の先生方の批評が飛び交っています。
何の面白みもない作品、縫い目が雑云々
番組の中では、出演者はもっと辛辣な批評をされています。
でもそれが、プロの方達にとって普通にやって当たり前の作業なのですね。
私たちが着ている洋服もそういったプロの方達の手を経ているのだと、実感しました。

これからどんどん秋めいてまいります。
何か一つでも楽しい事が増えていくと良いなぁ~と思う、今日この頃です

こんにちは。
生産管理チームの廣澤です。

「工具いらず」
って魅力的な響きですよね。
なんだか、やる気になります。

今日は、あるものを簡単リメイクします。
それは、、、
そうです!スツール。

みなさんのおうちにも、ありませんか?
来客時用に、と購入したものの
普段は部屋の片隅に追いやられています。

そんなスツールを、ダイニングチェアも嫉妬するほど素敵なイスにしてみましょう。


1.スツール解体
写真1
写真2


2.生地選び

どの”まる”にしようかな。
写真3


3.くり抜き

この”まる”にしました。
写真4
生地をそのまま被せるだけだと、お尻が痛いので、
今回はウレタンチップというものを敷きました。


4.貼る

座面とウレタンチップ、
側面・裏面と生地を【水に強い布用両面テープ】で貼ります。
写真5
写真6
写真7
写真8


5.脚をつける
写真9
裏側の生地のビロビロは、誰も見ないので気にしません。


6.完成
写真10


なんと簡単。

みなさんも、お気に入りの生地で試してみてください。
たくさん作って今年の冬は、おうちで椅子取りゲームをしながら暖かい春を待ちましょう。

こんにちは、東日本セールスチームの高橋です。
寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
風邪などひかぬよう、気を付けてこの冬を乗り切って下さい。

さて、今回は数年前某スーパーで買ったSALE品ですが・・
画像1
実は買った時からボタンのところの黒い帯が気に入ってなかったので、
ヌノデコテープで簡単リメイクしてみようと思います。
画像2

ヌノデコテープを適当な長さに切り、ボタンの穴に通し、
画像3
あれっ、スナップが、、
画像4
とりあえず上から、無理やりパチンと止めてみました。
画像5
雑ですがこれでクリア。
画像6
最後にアイロンをかけて・・・(実際には、あて布をしてください!)
画像7
あ、げんまい邪魔するな!
画像8
余談ですが。
昨年5月に保護猫の里親になりました。
名前は「げんまい」
画像9
良く寝て、
画像10
画像11
おちゃめで、
画像12
わんぱくで、
画像13
いたずらっこで、
画像14
仕事の邪魔をしたり、
画像15
高い所と狭い所が好きなにゃんこです。
画像16
画像17
あ、話を元に戻します、、
えー、アイロンをかけるまで話しましたね。
そうです、それで完成です、、
画像18
行って来ま~す!
画像19


こんにちは、セールス課東日本セールスチームの藤井です。

9月に入りましたが、今年は例年と違い暑い日が続かず。
雨の多い夏だったと思いますが、異常気象の影響なんでしょうか?
それでもまだまだ残暑、油断できませんね。

 さて、最近社内で「ランプシェードを風船と麻紐で作る動画」が話題になっていて、作っている話を聞きます。
※動画は「麻紐 ランプシェード」で検索すると色々載っていますよ!

照明の傘のイメージチェンジとして載っていましたが、私は社内で使用していた小型扇風機の後ガードが最近壊れてしまったので、何とか再生できないか???と、ランプシェードの作り方に似た方法で壊れたモノを再生させてみようと、チャレンジすることにしました。

さてうまく行くでしょうか?!

 用意するのは水、お徳用・手芸用ボンド、紙ひも、洗面器、ハケ。

写真1

写真2
(※紙ひもなので、水溶性のボンドがおススメです)

①型紙をとります。さいごに扇風機の型に切り抜く為です。
写真3

②洗面器に手芸用ボンドを入れ、水で薄めます。
写真4

写真5

③小型扇風機のステンレス製の前ガード部分(壊れていない方)に、紙ひもを巻いていきます。
この時、巻き過ぎないようにするのがコツ!(※風が通りにくくなるので)
写真6

写真7

写真8

④巻いた後、ハケで薄めたボンドを何度か塗って、強度を増していきます。
私の場合、乾いて塗ってを5回繰り返しました。
写真9

⑤手芸用ボンドが完全に乾いたら、ガードから取りはずします。

写真10

写真11
※ステンレス部分にボンドが付着しても簡単に剥がれます。

⑥型に合わせて切り取って完成です!
写真12

写真13


 毎年、暑い夏に愛用している卓上小型扇風機ですが、動きにはまったく問題ありません。
内部の部品にもミシン油をさして、今年の残暑も乗り切れそうです!

買い換えれば安くて簡単に手に入るかもしれませんが、再生出来れば…とチャレンジしてみました。
いかがでしたでしょう?

 以上、楽しい、おっさん夏休み自由研究でした!

今月もよろしくお願いします。



こんにちはセールス課の河口玄太郎です。


私の勤務する大阪は、いよいよジメジメしてきました。

no title 


関西特有の、蒸し暑さとの戦いです。

00 
ハトも早くもバテ気味??

1

戦っても勝ち目はないので、クールなおしゃれアイテムを作ってみることにしました。

以前から胸元に何かおしゃれな飾りが欲しいなと思っていたのですが、いいものを思いつきました。

おしゃれな「パッチワークのブローチ」を作ってみました!

2 

自分の好きな布で、ワンポイントおしゃれに主張できる飾りができました。

せっかくなので作り方を簡単にご紹介します♪


選んだ布をひし形にカットします。縫い代もとります。

3

一片をそれぞれつなぎ合わせます。縫えない人は両面テープで貼り合わせてもOK!

<裏面>

4
<表面>
5
周囲を折って、あとは土台のフェルトに、造花ピンなどを通して両面テープで貼るだけ。
7
8
完成!

9

さりげなく胸元をさわやかに演出できました!

10

自己満足度100点!

すごく楽しかったので他の布でも作ってみました!

大きいのはカバンなんかのワンポイントになります。

12

大きいサイズのパッチワークブローチの作り方はこちらのページが参考になりますよ。

「パッチワークブローチorヘアゴムのつくりかた」

(※ 大きいサイズはパターンスタンプひし形26mmを使うと更に便利です!)



13
こちらは使わなくなったネクタイをリメイクして作ったペンケースです。

14
名刺も入るように工夫しました!

15

これも自己満足度100点!

毎日カバンに入れています♪


この200点満点のクールアイテムでこれからの暑さをのりきります!

あ、エアコンのスイッチが入ってた・・・

今日はちょっとガマンしよっと。

皆さんもおしゃれアイテムを作って夏をのりきりましょう!

このページのトップヘ