KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:ハンドメイド

少しひんやりした澄んだ空気、心地良い朝日、鳥のさえずり。
清々しい朝が嬉しい最近の毎日。
いよいよ春到来ですね。

こんにちは
セールス課の河口です

先月、用事があり伊勢方面まで車を運転しました。
奈良県の自宅を出発し、高速道路は使わずに田舎道をゆっくりと走りましたが、車の窓からは一面に広がる満開の桜。
贅沢な景色の中を気持ちよく目的地まで運転しました。

夕暮れに差し掛かる頃、山間の道を走っていると大きな枝垂れ桜に出会い、思わず車を止めました。
①
東吉野村にある、宝蔵寺の枝垂れ桜です。
②
③
夕暮れ前の深い空の青、生い茂った木々の緑を背に、優しい桃色の花びらが夕日に照らされ煌めいていました。
④
⑤
見惚れるこの美しい景色に名残惜しい気持ちでいっぱいでしたが、時間を忘れてただただ美しい景色を静かに眺められてよかったなと思います。

最後に少しだけ商品紹介です。
淡い桃色が、見ているだけでも気持ちを和ませてくれる、ハンドメイドの道具「Cohana Sakuraシリーズ」が好評発売中です。
⑦
生産数限定のシリーズになります。
よろしければご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それではまた!

こんにちは、クリエイティブチームの西です。

本日2/2は、節分ですね。
phonto
節分が2/2になるのは124年ぶりで、とっても珍しいそう。
明日の立春を境に、少しずつ春に近づいていくと思うと嬉しいです。


さて、元々、「手づくり全般なんでもやってみたい派」の私ですが、
秋ぐらいからは編み物がブームです。
お昼休みも、お弁当を食べたらせっせと編み物タイム…。
IMG_2704

毛糸と編み棒や編み針があればどこでも出来る手軽さと、
編むことに集中していると頭の中がスッキリする感じが、
コロナ禍のストレス緩和にちょうどいいのかもしれません。

でも、家でも、あまりにも編んでばかりいるので、
ついに娘(小2)に「もー!たまには布のものも作ってよー」と
言われてしまう始末。は…はい…。


というわけで、買ったまま置いてあった生地で、
先日KAWAGUCHIのサイトにUPした
「水に強い布用両面テープでつくるシュシュ」を作ってみました。

ブログではとってもざっくりとした説明になるので、
詳しいレシピはこちら↓をご覧ください。
https://www.kwgc.co.jp/recipe_24.html
(PDFでダウンロードできます)

縦10cm×横50cmの生地の、表面端っこに
「水に強い布用両面テープ」を貼り、くっつけます。
シュシュ1

下から1/3を上に折り、上から1/3も下に折り、
5cmくらい「水に強い布用両面テープ」を貼ったら、
上と下をくっつけます。
シュシュ2

中身をひっぱり出して貼り、ひっぱり出して貼り…と、
あき口が5~6cmになるぐらいまで繰り返します。
シュシュ3

あき口から生地を引っ張り出して、表に返します。
シュシュ4

ゴムを通してむすび、
あき口を「水に強い布用両面テープ」で貼ったら
シュシュ5

できました!思ったよりも簡単だったので、
サイズを少し変えて、もう一個も作ってみました♪
IMG_3148

娘に見せると、気に入って「さっそく着けていく♪」とのこと。
「それ、両面テープで作ったんだよー!」と言ったら
「えー!両面テープで!?そんなこと出来るの?」と驚いてくれたので、
今度は一緒に作ってみるのもいいなと思いました。


今人気の「ビッグシュシュ」サイズでつくるレシピもあるので、
(作り方は同じです)ぜひ作ってみてくださいね。

shoushou_banner_S

こんにちは。
マーケティング課の渡辺です。
6月になり全国的に梅雨入り。
そして、学校もいよいよ本格的に始まりましたね。

今回、弊社の『水に強い布用両面テープ』を使い、入学グッズを作ってみました。
体操服をいれる巾着です。

image_07


作り方はとてもカンタン!
-----------------
①布をカット
②印をつける
③両面テープを貼る
④アイロンをかける
⑤ひもを通す
-----------------
ミシンいらず、針いらずの巾着です。


●用意するもの
-----------------
・布(ブロードがおすすめです)
・ひも
・水に強い布用両面テープ 10mm
・ものさし
・チャコペン
・はさみ
・ひも通し
-----------------


▼布をカットして、印をつけます
image_01


▼両面テープ(今回は幅10mmを使用)を貼っていきます
image_02


▼糸を使わず、きれいに仕上がります
image_03


▼半分に折って…だんだん巾着の形になってきました
image_04


▼サイド部分、ひもを通すところ
image_05


▼アイロンをかけると、強度が増します
image_06


▼ひもを通してできあがり!
image_14




詳しいレシピはこちらをご覧いただけます。
お好みのサイズにアレンジするのもカンタン!

image_08



▼ミシンで作ったものと比べてみました
(左がミシン:マチをいれています)
 ※ミシンの方は、切り替え部分に布を足していますが、重さはほぼ一緒です
image_09

▼一度洗濯をしてみました
image_10
image_11
image_12


私はミシン初心者なので、製作時間は半分以下でした。
針と糸を使わずに、お子さまと一緒に作れるのも魅力ですね。

4~5月は休校で、まだあまり使用していないのですが、
使いながら強度などを確認していきたいと思います。

ちなみに…
ひもを切ったあとは、『ほつれ止め筆ペンα』を使いました。
ひもの端がきれいにまとまります。
image_13


ただいまKAWAGUCHIでは、
みなさんのほつれバイバイシーンを、ぜひ教えてください。
ご応募お待ちしております!

今年の夏も、いつになく辛かった感じはしますが、やっと日中過ごしやすくなってきましたね!
西日本セールスチームの上田です。
さて、今回はいつも出かける時に使っているカバンに変化をつけて見ようと思い、ブログにチラほら登場しています新商品の【ぬりえワッペン】に挑戦してみたいと思います。

①準備!
写真1
②【ドットペン】、【NUNO DECO PEN】でぬりえ開始!
写真2
③ぬりえ&Cocoroちゃん完成!!
写真3
④【アイロンマーカーホワイト】を使って、縁取りフェルトを切る
写真4
アイロンをあて、ワッペンとフェルトを熱圧着
裏側へ【皮革・布・紙用ボンド】を使い、ブローチピンを付ける。
 写真5
⑦カバンに付けて完成!
写真6
皆さんも短時間で出来ますので、オリジナルワッペンを作って楽しんでみて下さい!!
写真7
 

Eコマースチームの河口麻友子です。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、夜は少し風が出て、涼しさを感じる様になった気がします。
秋を迎える前に、私の夏休みの思い出を書いてみようと思います!

今年の夏休みは娘を連れて、義理の姉の実家鎌倉に行って来ました。
娘も夏の鎌倉に行けると大興奮♪
浮輪に水着にビーチサンダルを持って、いざ鎌倉!

鎌倉からまずは江ノ電に乗って、由比ヶ浜駅へ向かいます。
皆さんご存知ですか?
「由比ガ浜」の発音が、地元の方と観光客の方とでは違うそうです。
画像_1
由比ガ浜の駅を降り、義姉の家に向かう途中のコンビニに立ち寄ると、なんと入ってすぐに野菜や果物が並んでおりました。
鎌倉駅の近くになる農協市場は鎌倉野菜が売られていると有名ですが、まさかコンビニで沢山の野菜が売られているとはビックリです。
地産地消で農家の方が採られた新鮮な野菜が、コンビニでも購入できるなんてエシカル~!
画像_2
エシカルと言えば、由比ヶ浜駅から一駅足を延ばして、弊社の地域産業や伝統工芸にこだわったハンドメイドの道具Cohanaをお取扱いただいているお店に、伺って来ました。
とても素敵にディスプレイしていただいておりました。
画像_3
鎌倉での思い出が多すぎて、このまま書いていては終わらなさそうなので、写真でサラッとご紹介いたします!

画像_4
こちらのお店の近くにある「御霊神社」に祀られた武将、鎌倉権五郎景政が大力持ちだったことから名づけられた鎌倉名物「権五郎力餅」。
とても美味しく、お土産にはおすすめです。
画像_5-1
御霊神社(権五郎神社)
自然の中にひっそりと佇む神社。
江ノ電が走るとまた風情がありました。

画像_5-2
せっかくなのでおみくじを!
おみくじも矢になっており、お守りとして持っていてもいいそうです。

実は義姉の実家を訪れたのは、今回で5回目。
いつも、家族皆で楽しく過ごしています。

今回のメインイベントは義姉のお父様のお誕生日会。
画像_6-1
築地から取り寄せた縞鯵。

画像_6-2
日本酒NIGHT!

画像_6-3
手巻きずしに焼肉、豪華な晩餐会。

画像_6-4
こちらの水羊羹は、お母様お手製の羊羹!
美味~。

そして鎌倉から東京に戻り、下町”亀戸餃子”に立ち寄りました。
こちらのお店は、お皿を重ねてひたすら食べるのです。
熱々の餃子を食べて今回の夏休み旅行の〆とし、帰路に着きました。
画像_7
夏休みの思い出はつきませんが、しっかり心も体も充電できたので、気持ちも新たに仕事に勤しみたいと思います。

このページのトップヘ