KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:スタッフのつれづれ

こんにちは。
セールス課東日本セールスチームの小島です。

朝晩はしっかりと冷え込み、すっかり冬めいてきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

今回はうちの家庭でも大活躍の・・・
9月30日に新発売となった『プチッとネーム』をご紹介させて頂きます。
コレ!!
とっても便利なんです。
使ってみるとわかるんです。
画像1
カラーバリエーションは、6色だからお好みのカラーを!
画像2
取付けは簡単ワンタッチ!ゴムの先端を通してプチッとはめるだけ!
輪の部分に付けた際、取り外す時はゴムをはさみでカットします。
画像3
画像4
画像5
私のオススメはビニール傘の目印!
画像6

画像7
うちにはちびっこが二人いるので、主に『ちびっこくつ』『ちびっこかさ』につけています。
自分のものとして認識できるので、好きなシールや白いシールにお絵かきをして楽しんでいます。
おなまえを書かなくてもお絵かきしたシールを貼ると、よりオリジナリティのある目印となります。
ちびっこたちは自分のおもちゃやお菓子につけたりして、自分のものとしての主張をしております。

また、介護の世界でも活躍の場を広げつつあります。
画像8
画像9
皆様も使ってみるとわかるものの良さ。
一度体験してみてはいかがでしょうか。

商品情報はこちらから。




こんにちは
マーケティング課クリエイティブチームの荒木です。

早くも10月も半ばですね…

「今年こそは、すっきり断捨離して快適に過ごすぞー」とか、
「今年は、時間を大切にして○○をするぞー」とか、
そんなことを言っていたのが、つい先日のように思えますが…

一年が経つのって、本当にあっという間ですね(^-^;

先日ようやく、今年も1/4しか残っていないんだなぁという事に気づき、
お正月に決心したことを慌てて実行している私です。

ちなみに、10月に入ってからはじめたのは、

●ウォークインクローゼットの整理
●玄関のくつと傘の整理
●キッチンのシンク下の整理
●ロフトベッドの解体
●しつけまで終わっていたパッチワークタペストリーのキルティング
●読みたかった本を読むこと
(ムーミンのかわいいノートをもらったので、これに記録したいのです♪)
ムーミン
こうやって書いてみると、自分で思っていたよりも色々頑張っていることがわかりました。
でも、もっと早くやればよかったです(笑)
この調子で、時間を大切に過ごして一年を終えたいと思います。

話は急に変わりますが、
先日、とても便利な新商品が発売になったので、一部ですがご紹介したいと思います。

まずは、「プチッとネーム
SNS用

上履きなどの名前つけ&目印つけに便利♪
その名の通り、プチッとはめるだけ!

プチッとネーム _本体取り付けシーン②

プチッとネーム _シール貼り付けシーン

プチッとネーム _完成
小さなお子さまでも、ひと目で自分のものと分かります。
私の子供達が小さかった頃にあれば良かったなぁ~と思う商品です。

プチッとネーム _シューズバッグ・上履き

続いて、「ピカッと反射ラベル
ピカッと反射ラベルSNS用
今までになかったポップなカラー3色(ピンク・ブルー・イエロー)と
合わせやすいホワイトが揃っていて、ちょっとおしゃれな感じの反射ラベル♪
ビニール素材にテープなどを貼ると、時間の経過とともにベタベタしてくることが多いのですが、
ピカッと反射ラベル」は、そのような事が起こりにくい工夫がされているので安心して使えます。

暗くなるのが早くなるこれからの季節、夜道の安全対策として是非チェックしてみてくださいね!
どちらも詳しくはHPをご覧くださいね!

こんにちは。
セールス課西日本セールスチームの菊川です。

10月に入って、少し秋らしくなってきましたね。
皆さん、元気にお過ごしですか。

いきなりですが、最近ハマっていること、
空を眺めて雲を見るのが大好きなんです。
iPhoneで気が向いたときに撮った画像をご紹介します。

いつ撮ったか覚えていないのですが・・・
画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7
画像8
画像9
季節や時間や場所によっていろんな顔があり、その場その場で楽しんでいます。

私には、雲も生き物の様に見えてきます。

出来たり、消えたり、かたちが変わったり面白いですね・・・

雲海を一度見たいのですが、標高が高く条件が合わないと見られないようなので・・・

画像10
お気に入りの一枚です。

空の青さと雲の白さが際立って、いい感じです。
かなり上手く撮れていると思います。(自画自賛)
綿菓子のような雲で、食べたくなりますよね。

最後に先日(9月21日)、久しぶりに虹を撮影出来ました。
何年ぶりに見ましたかね・・・

これもお気に入りです。
画像11

どうでしたか?

雲ばかりでしたが、少しは癒されましたでしょか・・・

まだまだ、世間ではコロナや災害が続いていますが、
負けないように、癒しを見つけて一緒に頑張りましょう。

では、お体に気を付けて、手芸や洋裁も楽しんでください。




こんにちは。
マーケティング課の山本です。

セミの鳴き声が響く夏が過ぎ、朝焼けがきれいな季節になりました。
朝焼け
先週は母の誕生日だったので、週末にケーキを持って会いに行ってきました。
プレゼントは毎年悩みますが、前からいつか作りたいと思っていたものがあり、
プレゼントに丁度いい!と、この機会に初めて挑戦してみました。

花や植物を花束のようにして壁に飾る『スワッグ』です。
生花の時も色とりどりで美しいですが、
時間が経過し、落ち着いた色合いに変化していくのも楽しめます。
長い「おうち時間」に、ぴったりだと思いました。

私は取り扱い説明書やレシピなどを読むのが苦手…
なので、スワッグも何の知識もなく取り掛かったため、
基本がなっていないことがあるかと思いますが、どうぞ大目に見てください!

花を選んで、組合せやサイズを考えて、飾られる部屋とそこで過ごす母を想像して…と、
久しぶりの手づくりを満喫しました。
お花スタート

お花途中
手づくりの良さの一つは、すべて手づくりではなくても、
ラッピングをしたり、カードにお気に入りのシールをちょんと貼ったり、
そのひと手間で、世界に一つのオリジナルに変身させることができることだと思います。

そして、プレゼントをいただくのはとても嬉しくワクワクすることですが、
プレゼントを渡すのも同じくらいワクワクするなぁと実感。

完成!
お花完成
余った花はドライフラワーにしたり、ミニアレンジにしました。
ドライ
おまけ

母の家へ…
お花飾る
また時間が経ったら、
いい色になったスワッグに、カラフルなお花を持って足しにいくつもりです。
その時は、また違う表情のスワッグを見ながら、
母とのおしゃべりを楽しみたいと思います。

こんにちは、セールス課リテールチームの永用です。
コロナでどこかに出かけたり、誰かに会ったり、遊ぶことが思い切りできない期間が続いています。
そんな中でも子供たちと一緒に家族で「楽しみたい!」と、東京City Kayakをしてきました。
KAWAGUCHI本社のある東京日本橋をいつもと違う角度でお伝えします。

出発は茅場町。
日本橋まで登って、そこから隅田川まで下り、ぐるっと回って1時間半のコースです。
画像1
画像2
日本橋水門をくぐって日本橋川へ。
日本橋エリアの橋をいくつもくぐって進みます。
画像3
日本橋を目指して、首都高の下をすいすいと進みます。
カヤックは水辺のレジャーですから、ひっくり返って沈するリスクはつきもの。
ですが、この周辺の水はお世辞にも綺麗とは言えず、ここで沈したらもう終わりという何とも言えない緊張感を味わいました。

そうしている間に!
「ここはお買い物でも良く来る場所!」
気づいた息子が指さします。
画像4
そう、日本橋です。
江戸時代の1603年(慶長8年)に木造の初代日本橋が架けられました。
その後、江戸時代には多かった火事で焼け落ちるなどして、日本橋は何度も架け替えられたそうで、現在の日本橋は20代目に当たるとされています。
有名な北斎や広重の浮世絵の中にも日本橋のある江戸の風景が描かれています。
形が変わっても江戸の時代から他の橋とは別格で、格式の高い立派な橋です。
現在の日本橋は1911年(明治44年)に木造だった以前の橋に替わり、石造りの二連アーチ橋として完成しました。
「日本橋」の文字は、最初の橋をかけた江戸幕府初代将軍の家康との縁で、最後の将軍徳川慶喜が筆をとったそうです。
今、幕末・維新の時代に夢中な私にとって、これはぐっとくる情報です。

日本橋の四隅には東京の紋章を抱く獅子像、中央には凛とした佇まいの麒麟像があります。
獅子は東京の守護、そして麒麟は東京の繁栄を意図して配置されたそうです。
いにしえの中国で麒麟は「瑞兆」良いことが起こる前兆として姿を現す「瑞獣」とされてきたようです。
日本橋の麒麟には、本来はない羽根がつけられています。
日本橋は日本中の道路の起点であり、「日本橋から飛び立つ」という意味を込めて翼が付けられたと聞きます。
画像5
画像6
石造りのアーチの下をくぐりました。
美しいアール。
画像7
太陽の光がゆったりとした水面に反射し、石造りアーチがキラキラと。
日本橋を後にして隅田川へ、ここまでくるとまた違ったカヤッキングを味わえます。
景色が開けて、観光船や屋形船、自家用ヨットが行きかいます。
画像8
画像9
東京本社のある日本橋の景色を楽しみ歴史に触れられる、大満足の東京City Kayakでした。












このページのトップヘ