KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:作品の紹介

こんにちは。クリエイティブチームの田中です。

朝晩と肌寒くなる日も増えて、だんだんと秋を感じる季節になってきました。
季節の変わり目は暑かったり寒かったり服を選ぶのに迷いがちですね。
寒暖差のある今の時期に便利なのがカーディガン。確かここにあったはず、、とクローゼットから引っ張り出してきました。
IMG_7752


ボタンの黒色がなんか気になるな。。。
着ていて気分が上がるカーディガンにしたいなと思い、【糸ボタンと糸のセット】を使用してアレンジしてみることにしました。
IMG_7859a


【糸ボタン】とは、再生ポリエステル糸を使用し独自の技術で1本の糸だけで編み上げられた、環境に優しいエコなボタンです。
今回使用する【糸ボタンと糸のセット】には3色のボタンにあわせた糸がセットされているので、すぐにボタン付けをすることができます。

ボタン付けに使う針は【糸が通しやすい針】を使用しました。
針穴の上にある溝に糸をかけ、下に押し込むだけでカンタンに針に糸が通せますよ。

まずボタンの配置を決めます。少し個性が出るようにボタン付け糸は配色にして付けることにしました。
IMG_7758


KAWAGUCHIのサイトにもわかりやすいボタンの付け方動画をアップしているのでぜひ見てみてください。

そして黙々と付けていきます。
糸でできているから柔軟性があり、プラスチック製のボタンよりも滑りにくいので、私は付けやすいなと感じました。

完成です!
IMG_7857a

IMG_7852a

糸でできているボタンなので、ニットの素材にも優しく馴染んでくれて、
プラスチックのボタンとは一変、配色ボタンがアクセントのかわいいカーディガンになりました♪
理想通りの仕上がりで大満足です。

ボタンが2個余ったので、甥っ子のシンプルなTシャツにもワンポイントで付けることにしました。
オレンジ色のボタンなので、甥っ子の大好きな“みかん”に見立てて付けてみます。
IMG_7762


緑色のフェルトを葉っぱの形に切って、ブランケットステッチで縫い付けます。茎の部分はバックステッチにしました。
アイボリー色のボタンは、【糸ボタンと糸のセット】に入っていたオレンジ色の糸で、みかんを輪切りにしたイメージで縫い付けてみました。なんとかそれなりに見える?かな。
IMG_7793


甥っ子に見せてみると、「みかんの服♪」と喜んでくれました!
一緒に着てみました。
IMG_7771


ボタンの色を合わせて、親子でリンクコーデにしても良いですね!
エコで、かわいく、ちょっとした工夫で自分だけのオリジナルを楽しめる【糸ボタン】
ぜひチェックしてみてくださいね。

はじめまして。
マーケティング課の小阪です。

今回はブログ初投稿…ということで、ここ最近の個人的な“初〇〇”をいくつかご紹介したいと思います。


まずはこちら。初!もんじゃ焼き。
もんじゃ焼き
友人と旅行をした際に初めて食べたのですが…恥ずかしい話、それまでずっと、もんじゃ焼きは「焼きそばの入ったお好み焼き」だと勘違いをしていました。

実際に目にすると、想像と違ってびっくり!とはいえ、美味しくいただけたので満足です。


続いてはこちら。初!魚釣りです。
魚釣り
一度感覚をつかんでしまえば、面白いくらいに次々と釣れて爽快感ばっちりでした。


さて、はじめましてといえば、忘れてはならないのが『ポケおり』です。
発売からこれまで、多くの方にご好評をいただいていますが、みなさんはもう体験されましたか?

気分転換にぴったりなので、休憩時間やおうちでのリラックスタイムに私もちょこちょこ作ってみました。
IMG_9740-夏モチーフ2
IMG_9737-夏モチーフ
なにか夏らしいものを…ということで、麦わら帽子とスイカ、メロンソーダをチョイス。
ちょっぴり不恰好ではありますが、それらしく見えていると嬉しいです。

時期は少し遅いですが、カードなどに貼り付ければ、夏のお便りにも使えそうですね。


少しずつ秋に向かっていく頃かな〜と感じつつも、まだまだ暑い日は続きそうです。
いつでもどこでも手軽に織れるポケおりとともに、残りの夏もてづくりライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?


こんにちは。
生産管理チームの廣澤です。

私の”なぜか捨てられないもの”TOP3をご紹介します。

№.3
いつの間にか冷凍庫がパンパン「保冷剤」

№.2
関西人だけ?「モロゾフのプリン容器」

№.1
いつか使うかもしれない、の頻度が少なすぎる「紙袋」


さて、№1に輝いた紙袋を、ブックカバーにリメイクして有効活用することにしました。

紙袋を解体して
写真1


本より少し大きめにカットして折り目を付けます。
写真2


はい、完成!
写真3

思ってたのと違って、ちょっとホラー・・

何個か作りました。
写真4


何年もの間、物置に放置されていた紙袋たちも喜んでいることでしょう。
なかなか捨てられないものを思い切ってリメイクすることも大切ですね。

こんにちは
販売事務チームの三宅です。

日中は、太陽と熱風に焼かれるような暑さが続いていますが、皆さま、お元気でしょうか?

さて、今回は小さなネコのお人形をいただいたので、プチドールハウスを作ります。
手元にあるもので作る、買い足さない、これが一番の目標です。

100均のバッグに布を貼りつけ、しっかり自立性を持たせます。
画像1new
まずは外側から作っていきますが、
やり直しができないので、慎重に布地を計ってボンドで貼り付けます。
布、紙、木などの接着に向いているし、量が多いというのが嬉しい。

窓枠を何で作るか?と考えて、あ、以前使ったバルサ材の破片があったはず、
と物入れをガサゴソ、あったよ~!
いつか陽の目を浴びるが日くる?と思っていましたが、今日だったのか~泣
画像6new
こちらも【お徳用・手芸用接着剤】でくっつけます。。

接着剤が乾くまで、とりあえず固定。
画像7new

次はメインのベッドの作成。

台は厚手のボール紙で、布団は緩衝材を利用してハギレで巻きます。
画像8new
画像9new
ぐるりとレースを貼ったら出来上がり。
画像10new

布団は、キルティング用の綿を利用。
画像11new

ドアと窓を壁に貼ったら出来上がり~ 
画像12new
画像13new
画像14new
画像15new

2歳の孫娘は喜んでくれるかな?と思いきや、バッグからベッド、布団、椅子を
ひたすら放り投げてる動画が届きました。ジャンジャン

それでは、また次回お会いしましょう。

こんにちは、総務・経理チームの河口です。
蒸し暑い日が続く中、気分転換に5月に発売された【ポケおり】と【あそび糸】で作品を作りました。

フワフワの素材を編み込むと、フワフワ感が増して可愛らしく仕上がります。
写真1
写真2
大きめに仕上げたかったので、フリンジを長めに作りました。
写真3

ブローチとして
写真4
写真5

チャームとして
写真6
写真7

帽子のワンポイントに付けるのもおすすめです。

さらに、何種類かのあそび糸と、お家にあった素材でタッセルを作りました。
色々な組み合わせを試してみると意外と素敵な結果が生まれます^^
写真8

マンネリになっていたバックも、チャームを付けることで雰囲気が変わり出番が増えそうです♪
写真9
写真10

手作りの楽しみ方は無限大です!
季節のイメージに合わせて色味を変えたり、自分だけのセンスでアイテムを作り上げることができるので、とても充実感を得られます。
ちょっとしたプレゼントにも最適ですね。
お子さまや手作りが苦手な方でも簡単にできるので、みなさまもオリジナルアイテムを作ってみてはいかがでしょうか?

こちらに【ポケおり】のレシピ等たくさんの情報が掲載されておりますので、ぜひご覧ください。


このページのトップヘ