KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:商品の紹介

こんにちは、クリエイティブチームの西です。

本日2/2は、節分ですね。
phonto
節分が2/2になるのは124年ぶりで、とっても珍しいそう。
明日の立春を境に、少しずつ春に近づいていくと思うと嬉しいです。


さて、元々、「手づくり全般なんでもやってみたい派」の私ですが、
秋ぐらいからは編み物がブームです。
お昼休みも、お弁当を食べたらせっせと編み物タイム…。
IMG_2704

毛糸と編み棒や編み針があればどこでも出来る手軽さと、
編むことに集中していると頭の中がスッキリする感じが、
コロナ禍のストレス緩和にちょうどいいのかもしれません。

でも、家でも、あまりにも編んでばかりいるので、
ついに娘(小2)に「もー!たまには布のものも作ってよー」と
言われてしまう始末。は…はい…。


というわけで、買ったまま置いてあった生地で、
先日KAWAGUCHIのサイトにUPした
「水に強い布用両面テープでつくるシュシュ」を作ってみました。

ブログではとってもざっくりとした説明になるので、
詳しいレシピはこちら↓をご覧ください。
https://www.kwgc.co.jp/recipe_24.html
(PDFでダウンロードできます)

縦10cm×横50cmの生地の、表面端っこに
「水に強い布用両面テープ」を貼り、くっつけます。
シュシュ1

下から1/3を上に折り、上から1/3も下に折り、
5cmくらい「水に強い布用両面テープ」を貼ったら、
上と下をくっつけます。
シュシュ2

中身をひっぱり出して貼り、ひっぱり出して貼り…と、
あき口が5~6cmになるぐらいまで繰り返します。
シュシュ3

あき口から生地を引っ張り出して、表に返します。
シュシュ4

ゴムを通してむすび、
あき口を「水に強い布用両面テープ」で貼ったら
シュシュ5

できました!思ったよりも簡単だったので、
サイズを少し変えて、もう一個も作ってみました♪
IMG_3148

娘に見せると、気に入って「さっそく着けていく♪」とのこと。
「それ、両面テープで作ったんだよー!」と言ったら
「えー!両面テープで!?そんなこと出来るの?」と驚いてくれたので、
今度は一緒に作ってみるのもいいなと思いました。


今人気の「ビッグシュシュ」サイズでつくるレシピもあるので、
(作り方は同じです)ぜひ作ってみてくださいね。

shoushou_banner_S

あけましておめでとうございます。
東日本セールスチームの高橋です。

さて、昨年から続いてます新型コロナウィルス感染の勢いが止まりません。
そんな中、皆様どんなお正月を過ごされましたか?
私は元旦朝一、近くの熊野神社で初詣、
朝早かった為、ほとんど人はいませんでした。
熊野神社
熊野神社2
祈願中
何を祈願したかと言いますと、やはり夫婦円満、、、
そして次にコロナの終息。
ここの熊野神社は、陰陽師安倍晴明ゆかりの神社です。
羽生

そして家に戻り御神酒~、、
お神酒
うん~朝から効く~、、でもうんま~い。
こんな状況ですので初詣と、買い物以外は引きこもっておりました。
しかしちょっとした外出でも欠かせないのがマスクです。
家族のマスク
三人家族なのでそれぞれ。
そのマスクも、なかなか慣れず鬱陶しいので、せめて爽快にしたいので、
ハッカ油!
ハッカ油
シュッとひと吹き
シュッとひと吹き
この時期でも熱いものを食べた後など効果的です。
そして、マスクの裏側にさりげなく貼っているこのラベル
このラベル
着ける前に上下がすぐわかるように、印として貼っています。
これは貼るだけで洗濯OKな【KOKO+ マスク用ラベル】です。
27011
洗濯後、家族のマスクを仕分けしやすく、もちろんなまえも書けます。
とにかく厄介な時代になってしまいましたが、頑張って乗り越えましょう。

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。

こんにちは。
販売事務チームの三宅です。
今年も残すところ、3週間になりました。

今回は久しぶりの手作りマスク。
かれこれ100個以上のマスクを作ってきました。
身内から友だちまで、もちろん自分のも含めて。

SNS等でもたくさん作られていると思いますが、今さらなぜ?

それは、わが社から2020年12月下旬に【制菌 耳にやさしいマスクゴム】が発売されるからです。


これが新しいマスクゴム。

27-017制菌耳にやさしいマスクゴムベージュ
それでは、さっそく作ってみましょう。

今回は、耳元まで布で覆った冬バージョンを作ります。
型紙に手を加えて・・・
画像1

型紙を厚紙で作ると印つけなど面倒な作業が要らず、しかも縫い代込みなので、ロータリーカッターでササっと切れます。
画像2
中心の曲線を縫います。
画像3
表布と裏布を中表に合わせて縫い、表に返して形をアイロンで整えます。
画像4
画像5
鼻のワイヤー部分を【くるくるおなまえテープ】で作ります。
画像6
画像7

ワイヤーが中に入るように表布と裏布の間に入れて、マスクに何針か縫い留めます。
画像8
両端を三つ折りに折って縫い、ゴムを通します。
画像9
新発売の【制菌 耳にやさしいマスクゴム】は、アジャスター付きなので、ゴムの長さの調整が自由です。
何より太いゴムなので耳への負担が軽減され、つけ心地が柔らかいです。
これから手作りされる方は、ぜひお試しください。
画像10


こんにちは。
販売事務チームの川本です。

前回のブログは、今年の5月。
その時に”コロナのせいで3月から5月の記憶がさっぱりない!”と書きました。

今は・・

それに付け加え、あれから11月までの記憶がさっぱりない。
コロナとは人の記憶を無くさす病原体でもあるのか?
いや・・・ただ自分の脳ミソが劣化してしまっただけなのかもしれない。
それを「おっと幸いコロナのせい」にしながら・・

このままでは脳ミソ大変なことになる。
ちょっとくらい動いてもらわないと。
 
そこでクイズを考えてみました。
皆さんも一緒に脳のトレーニングをしましょう。

まずは有名な「あるなしクイズ」

例)
ふたごにあって、三つ子にない。
かににあって、エビにない。
魚にあって、鳥にはない。

さてそれは何でしょう?
 

答は「星座」です。


のような感じで、KAWAGUCHIの商品を使って作ってみました。



シリコンペン】にはあって【ほつれ止め筆ペンα】にはない。
【カーブルーラー】にはあって【コーティング定規】にはない。
【クロスピンクッション】にはあって【マグネットウェイト】にはない。


【洋裁用L尺】にはあって【カッティングスケール】にはない。
ピシッとライナー】にはあって【ニッティングシリコン】にはない。
お徳用手芸用ボンド】にはあって【極細ノズル手芸用ボンド】にはない。
水に強い布用両面テープ】にはあって【布用両面テープ】にはない。
 

アイロンクリーナー】にはあって【アイロンカバー】にはない。
【手芸用かんし】にはあって【手芸用ボンド】にはない


ツレッテ 服のレスキューセット】にはあって【ソーイングセット 角形】にはない
布用ステンレスはさみ】にはあって【Kuruhi 手芸はさみ】にはない
ニュースベラナイン】にはあって【ほつれ止め ピケ】にはない

 
すみません.
もう疲れました。

でも疲れついでに、もうひとつ。


この文章はどういう意味???
並べ替えるとKAWAGUCHIの商品名になります。

 

針、佐賀に旅 行くわ
画像①
ここにヒントが → 
 

消えぬー、ボール染み 
画像②
ここにヒントが → 

 

<答>

①”色”が入っている
シリ「コン」ペン
カー「ブルー」ラー
クロス「ピンク」ッション


②動物がいる
洋「さい」用L尺
ピシッ「とラ」イナー
お徳よ「うし」ゅ芸用ボンド
水に強「いぬ」の用両面テープ


③食べ物が入っている
アイロン「クリ」ーナー
手芸「ようかん」し
 

④数字が入っている
ツレッテ 服のレス「キュー」セット
布用ス「テン」レスはさみ
ニュースベラ「ナイン」
 

⑤針がさびにくい綿


⑥シミ・キエール ヌーボー

 
頭元気に過ごしましょう(・∀・)


彷徨う元気なゴミ!

(皆様ごきげんよう)

こんにちは。生産管理チームの伊藤です。

マスクを着用する生活が日常になって初めての冬。
最近ではマスクも下着のように「付けていないと人前に出られないもの」という感覚になっております^^;

さて、そんな毎日使うマスク。
我が家では同じメーカーさんの白色の高性能布マスクを使っていて、洗濯後の仕分けがしづらいなーと思っていました。

子ども達からも不満の声。
「表裏が分かりにくい(小1男児談)」
「もっとフリフリの可愛いやつが良い(年中女児談)」


『いやいや、母は見た目ではなく性能で選びたいんですよ』
と思いつつ、問題解決のため手持ちのマスクを簡単にデコることにしました。

小学生の息子には、先日、発売になったばかりの新商品【マスク用ラベル】を使ってみました。
「アイロン不要」「洗濯OK」「人にやさしい接着剤」「文字を書いてもにじみにくい」

これは簡単そうです!

息子が好きな黄色の【マスク用ラベル イエロー】と【カラーなまえペン ブルー】を使って
画像1
ドクターイエロー風の絵を描いてペタっと張りました。(おしまい!)
画像2
可愛いもの希望の娘には【ヌノデコフレーク リボンおとめ】を使いました。
画像3
こちらはアイロン接着が必要なのですが、すでに可愛い柄で形がカットされています。
アイロン前に仮止めできるようになっており、位置を微調整できるメリットがあります。  
画像4
実際にはあて布をしてくださいね!)
画像5

アイロンを出したついでに【ヌノデコテープ】を2種類用意し
画像6
外表で貼り合わせてアイロンをかけて、マスクのゴムに結ぶリボンを作りました。
画像7
テープに付いている接着剤のおかげで、重ね合わせてアイロンをかけると、芯地を貼ったかのような張りのあるリボンになりました。
画像8
娘は洋服に合わせてリボンを選ぶのが楽しいそうです。    
新しい生活様式、楽しんでいきたいですね!

このページのトップヘ