今年もとうとう、寒い時期がやってまいりました!
秋って何処へ・・・。
年々時が過ぎるのを早く感じている、今日この頃。
西日本セールスチーム上田です。
年々、時が過ぎるのが早く感じませんか?
皆さんはどう感じていますか?

実はこの現象『ジャネーの法則』というらしいです。
19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネが発案した法則。
”主観的に記憶される年月の長さは年少にはより長く、年長にはより短く感じられる”
という現象を心理学的に説明したものです。
ん~わかるようでわからん。

例えば50歳の人にとって一年の長さは人生の50分の1ほどですが、5歳の人にとっては5分の1に相当します。
つまり50歳の人にとっての10年間は、5歳の人にとっての1年間にあたり、5歳の人にとっての一日は、50歳の人にとっての10日にあたることになります。

実は生まれてから0歳~20歳までの20年間に感じる時間の感覚と、21歳から80歳までの60年間に感じる時間の感覚は同じと言われています。
歳を取っていくと、生きてきた年数によって1年の長さの比率が小さくなり、どんどん時間が早く感じるということです。
体感時間を割合で計算してみるとこのような感じになります。

図

その他、若い時は何をするにしても初めて体験する事が多いので何でも新鮮に感じられますが、歳をとるにつれて経験した事が多くなるので新鮮味が薄くなる、これが関係しているとも言われています。

ちなみにこの『ジャネーの法則』に逆らう方法は・・・
・自分のルーティーンに新しい事を取り入れる → 新たな発見
・新しいことにチャレンジしてみる → 脳の活性化
・新たな人と会う → 脳に刺激           
などが、あるようです。
時間の速さを感じない方は、常に何かに新しい事に挑戦し続けてる人なのではないでしょうか?
今年もあと僅か、皆さん来年に向け心機一転、新しい事に挑戦してみては如何でしょうか?