こんにちは、生産管理の吉田です。

東京オリンピックが1年延期のうえ先日開催され、そして閉幕しました。
緊急事態宣言下ということもあり、賛否両論ある中で行われたのはもちろん、
開催中も報道の仕方等々気になるところもあり、でもアスリートに罪はない・・・
諸々課題が出てきたオリンピックでしたね。
ブルーインパルス (1)
(弊社社長 河口慶二郎 撮影)

とはいえ、日本人アスリートの活躍は凄かったです!!!

その中で一番心を動かされたのは、スケートボードの女子パーク決勝です。
世界ランキング1位の日本人アスリートが、メダルをかけて最後の競技で大技にチャレンジしましたが残念ながら失敗、それでも最後まで競技を続けました。
目に涙を浮かべながら戻ってきたアスリートを、他国のアスリートが笑顔で出迎え、
「いつもはこのコが一番凄いんだよ!」
と言わんばかりに肩で担いで、一番高く持ち上げたシーンです。
多くのアスリートが、このオリンピックを集大成の位置づけで望んでいるのに対し、
女子パークのアスリートは、数ある大会の1つとして楽しんでいるようにしか見えないのも、とても好感が持てました。

最後に、このブログがUPされている時にはパラリンピックが開催されてますが、
オリンピック同様にLIVE中継をして、頑張っているアスリートを応援してほしいと思います。