KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

こんにちは。
大阪支店クリエイティブチームの弓矢です。

私は、Cohanaというブランドの商品開発を担当しており、
商品の企画や開発以外にも商品のイメージ写真の撮影も担当しています。

Cohanaの世界観、季節感、より商品の使用シーンがイメージしやすいよう、
撮影スタジオや、撮影小物、季節のお花を添えるなど、工夫して撮影します。
クロスステッチ針ブログ用
撮影では、自然光できれいに撮れる午前中の2時間に勝負をかけます。
その2時間で何百枚と写真を撮り、使用するのはわずか何十枚。

いろいろな角度で撮ったり、場所を変えたり、撮影小物を変えたり。
撮影小物などの準備を含め、撮影現場というのは、なかなかの体力勝負だな~と
最近つくづく思います。(カメラど素人ですが。。。笑)

こちらは、Cohanaの道具がすっきり収まる、
榛原千代紙のお裁縫箱の撮影をした写真です。
IMG_4054ブログ
お次に、先日発売した冬季限定商品のイメージ写真です。
冬の冷たい空気と、あったかいウール素材を組み合わせ、
冬をイメージして撮影しました。
※小ばさみはすでに完売してしまいましたm(__)m
IMG_5005
IMG_4908ブログ用
IMG_4955ブログ用
他にも11月1日発売の新商品、漆塗りの関の裁ちばさみ革友禅の文ちん
革友禅の文ちん
榛原千代紙の糸通し
榛原糸通し1
榛原千代紙で包んだ刺しゅう針お裁縫箱など
刺し子針
実際に商品を手に取って、ご覧いただけるお客様だけではなく、
オンラインストアでお買い物されるお客様がほとんどですので、
商品の細かい写真、イメージ写真はお客様にとっても重要な判断材料となります。

この道具素敵だな~、使ってみたいな~と思って頂けるような
商品写真をこれからも日々研究しながら撮影していきたいと思います。

<おまけ>
冬に向けて編み物の撮影は本当に素敵で、撮影しながらうっとりしてしまいます。
IMG_4103ブログ用

ご覧頂きありがとうございました。

こんにちは。
セールス課リテールチームの伊東です。

私は普段、岐阜県飛騨市からリモートで仕事をしているのですが朝は1℃前後で寒く、ベッドから出るのがつらい季節になってきました。

現在は飛騨市に住んでいますが、生まれは名古屋市の「有松」という町です。
今回は私の地元「有松」についてご紹介します。

有松には「有松絞り」という布を括って染める伝統工芸があります。
その歴史は遡ること約400年前。
有松は、江戸と京都を結ぶ旧東海道の池鯉鮒(ちりゅう)宿と鳴海宿の間に作られました。
開拓者の一人であった竹田庄九郎氏が、名古屋城を築城するために訪れていた九州豊後の人々の絞りの着物を見て、絞りの手法を考案。その手法で作られた手ぬぐいや浴衣が旅人の土産品として人気となり、有松絞りが発展しました。
DSC_2468

先日、実家に帰省した際に「改めて有松を満喫したい!」と思い、夫と2人で“プチ有松ツアー”を行いました。
1667882750613
有松の町並みは、国が選定する「重要伝統的建造物群保存地区」に選ばれています。

1667882750965
町のいたるところで有松絞りを目にします。

1667882751293
実家の入り口にも「ありまつ」と書かれた暖簾(のれん)があります。
旧東海道沿いの住宅や店舗にはこの暖簾が町から配布されます。

1667882755077
せっかくの“ツアー”なので、絞り染め体験をしに来ました。
お世話になったのはSuzusanさん。
伝統的な技法を使いながら、モダンでスタイリッシュなデザインのファッションアイテムを作られています。

画像絞り
今回は「雪花絞り」を体験させていただきました。
雪の結晶のような柄が名前の由来だそうです。
1667882752082 (1)
作り方:「雪花絞り」は三角形に折ったハンカチを染色液につけます。
染色をする時間の長さや位置によって模様が変わります。
1667882752346
まずはハンカチを折ります。
ここでしっかり織らないと、染色した際に滲んだり色が綺麗に出ないのだそう。
1667882752603
三角形に折ったハンカチを板で挟み、固定します。

1667882753448
色を2色ご用意いただきました。今回は青と紫の染色液。
夫と私は染める位置をそれぞれ変えてみました。つけたあとは水洗い。

さて、出来栄えは、、、、?
1667882754766
こんな感じになりました!左が夫作、右が私作です。
お互い折り方が下手だったのか少し滲んでいますが、それも味ということで(笑)
色味も渋くて、素敵なハンカチに仕上がりました。

職人画像
伝統産業として約400年の歴史がある有松絞り。
最盛期には1万人ほどいた職人も今では200人程度まで減少に伴い、技術も失われつつあるそうです。

KAWAGUCHIの「Cohana」では日本各地の伝統産業・工芸を活かしたお道具を取り扱っています。
「Cohana」を通じて多くの方に「有松絞り」のような地域の素晴らしい伝統や技術を知っていただき、地域産業を盛り上げる存在になりたいと改めて感じました。




こんにちは。
セールス課 河口玄太郎です。

今回は、隠れたヒット商品をご紹介させていただこうと思います。
1
バッグの持ち手の縫い付けなど、生地の裏側から狙った位置に縫い針を戻すのって結構難しくないですか?
戻せても針が斜めに戻ったり、生地にシワが寄ってしまったり…
きれいに仕上げるためにはひたすら失敗&練習あるのみ!
と思っていませんか?

『やっと見つけたヴィンテージの生地や、張り切って買ったお気に入りの生地でのソーイング』
『大切な方へ刺しゅうした作品を送りたい』
など、ここぞという時に、時間もないし失敗は許されない場面って結構ありますよね。

そんな時に大活躍するのがこのツール【クイックニードル】
2
韓国生まれの優れた道具です。
詳細は動画をご覧いただくとわかりやすくなっていますが、簡単に画像でご紹介していきます。
3
4
5
刺しゅうのステッチも、図案通りにきれいなステッチを縫うのは難しい…
6
そんな問題を解決!
使い方は簡単!

~刺しゅうに~
7

<生地の表側>
8

<生地の裏側>
9
10

<生地の表側>
11

~バッグの持ち手の縫い付けに~
12
13
14
15

その他役立つ場面は多数あります。
16
17
18

便利ですね~♪
パッケージも上質でオシャレなので、ギフトとしても喜ばれています。
19
いかがでしたでしょうか。

これで練習嫌いな私でも、きれいに仕上げることができました!
初チャレンジ!『ステッチ入りアドベントカレンダー』の完成!
のはずが…
図案の表裏を間違えたーーーー!(大泣)
恥ずかしくて披露できません…

このページのトップヘ