KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

タグ:カンタン補修

みなさん、こんにちは。
あんなに暑かった夏も過ぎまして、少しずつ過ごしやすくなってきました。
朝晩は、肌寒い日もあるくらいですね。
カスタマーサポートチームの大橋です。

今日は、私の今年の夏の思い出?についてお話したいと思います。

その一。
来年の東京国際キルトフェスティバルのパートナーシップキルトのために、パッチワークの作品を作りました。
今回のテーマが「私の好きな動物」でしたので、家のワンちゃん(はるちゃん)を作品にしました。
画像0
チクチクと針で布を縫うと、意外と心が落ち着いて良かったです。
”パッチワークセラピー”というのは大げさでしょうか?
ゆっくりと少しずつ作りましたので、完成して発送する時はなんだか寂しい気持ちにもなりました。

そしてその二。
チクチクと時間をかけて縫うのとは正反対で、両面テープを使った簡単な作業で、バイクの服をリペアしました。

この服も気に入っていまして、だいぶ長く使用しています。
ん?もしかして20年、いや、25年くらい使っている?
一体どれだけ使うつもりなのでしょう?
でも、時々バイク用品店に新しい服も見に行くのですが、今の服の使い勝手の良さよりも良い服が未だ見つけられないので、使い続けている次第です。
画像1
しかし、最近は襟の所がひどいことになってきました。
画像2
画像3
いよいよもうダメかなと思いましたが、、、
「待てよ、簡単にリペアできるぞ!」
と名案を思い付きました。

使用したのは、新商品の「水に強い布用両面テープ」です。
1)水に強い布用両面テープPOP_300_150
お洗濯しても剥がれない優れものです。

まず、貼る布を決めて、アイロンを当てて布を整えます。
画像4
貼る箇所の大きさに合わせて布を切り、布の裏の四隅にこの両面テープを貼ります。
画像5
しわにならない様に気を付けながら、傷んだところを覆いかぶせるように布を貼ります。
画像6
画像7
「よーし!完成――!」
これでまだ、しばらく買い替えを悩まずにすみそうです。
画像8
今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
みなさんはどんな秋を過ごされるのでしょうか?
どうぞ良い秋をお過ごしになります様に。
では、また。

こんにちは。
セールス課販売事務チームの荒井です。
寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日の三連休では、関東地方にも大雪注意報が出てヒヤヒヤしましたが、積もることもなくホッとしました。
雪が積もることを楽しみにしていた子供さんは、ガッカリしたかもしれませんね。

さて、私の孫は我が家へ来るとソファでピョンピョンと飛び跳ねて遊び始めます。
これが4人ですから、たまったもんじゃありません。
そこで室内用のトランポリンを購入したところ好評で、来るたびにピョンピョン跳んでいます。
大人も使えるので私も一緒に遊びますが、さすがにクラクラします。
写真1
写真2NEW
調子に乗るとこんなこともあります。
写真3
ですが・・・
頻繁に使用してるうちに、スプリングを包んでいるナイロンの部分が劣化してきました。
写真4
中のスポンジが見えてきて少々みすぼらしい・・・。

そこで、思いついたのが・・・ジャーン!
カンタン補修シリーズのナイロン用補修シート
写真5
5種あるのですが、今回使うのは黒。
補修したい部分に合わせてハサミで切ります。
写真6
そして剥離紙をはがして、丁寧に貼り付けます。
写真7
補修する部分に合わせて、ところどころに切れ目を入れるとキレイに貼れます。
これを繰り返し、なんとか補修終了!
チビさんたちが大きくなるまで、まだまだ活躍してくれそうです。
写真8
KAWAGUCHIのカンタン補修シリーズでは、他にも、普段の生活の中で使えるものがいっぱい!
ホームページでもご紹介していますのでぜひご覧くださいね。
(*過度に力がかかる箇所への補修には不向きです。安全面を確認の上ご使用下さい。)
写真9
我が家の近所では、梅がきれいです。
春はもうすぐですね。

みなさん、こんにちは。
カスタマーサポートチームの大橋です。
早いもので2月に入り、暦も「立春」。
春はもうすぐそこ!と思うような暖かい日もあれば、やっぱりまだまだ寒いー!ですね。
気温の変化が急な日もありますので、体調にはお気を付け下さいね。

さて、前回のブログと同じような内容で大変恐縮ですが、今回もバイクのグローブをまた直しました。これは、冬用のグローブです。もう幾つの冬をこのグローブで越えてきたのでしょうか?
画像1
その歳月を思わせるような傷んだ所が、出来てしまいました。

画像2NEW
「これは、もうご苦労さんでサヨナラかな?」と思いましたが・・・
「やっぱり直して使おうー!」と考え直しました。
まず、使用したのは、こちらの商品です。
画像3

同僚から譲り受けたトレーシングペーパーで直す所を写し・・・
画像4new
その形通りに「合皮用補修シート」をカットして・・・
画像5new
貼る前に、傷んでいるいる部分のボロボロになっている所をカットして・・・
画像5-2new
貼り付けました。
「おー、けっこうきれいに貼れた!」

画像6new
さらに、貼ったところを強化する為にこちらを使用して、周りを縫い付けました。

画像7
冬用のグローブは地が厚いので針にこれを塗って針通しを良くしました。
画像8new
チクチク縫って・・・

画像9new

完成しましたー!
今回も我ながら満足です。まだまだ使えそうです。
画像10
話は変わりますが。
昨年、前回のブログで補修したグローブで、人生初のサーキット走行を体験しました。
バイク仲間が、サーキットに通っていると知り、同行させてもらいました。
画像11
画像11-2
サーキットでは、いろいろな枠組みでその日のスケジュールが決められていて、私は「体験走行」の枠組みで、サーキットスタッフさんの先導バイクの後ろを、他の参加者のバイクと一緒に付いて走りました。

「体験走行参加の方は、ゲート入口までお集まりください」という放送が流れて、いよいよ参加する時が来ました。
「うわー!緊張してきたー!」
画像12
きっと、ゆっくりのペースなのでしょうが、私にはとても速く感じられて、バイク仲間の大事なバイク(初めて乗るバイクでした)を借りての走行で本当に緊張しました。
無事に体験走行ができて良かったです。
画像13
画像14
今回もつたないブログを最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
春はもうすぐそこです。
寒くてもその向こうには暖かい春が待っていると、思いつつ。
では、また。

こちら大阪は、まだまだ梅雨のまっただ中ですが、いかがお過ごしでしょうか?
最近は梅雨なのに日中は真夏の様な気温で、今年は暑さが厳しそうですね。
カスタマーサポートチームの大橋です。

もう何年使っているのか分からないくらい使っているバイクのグローブの指先が、破れてしまったので補修することにしました。
画像1 (4)
以前にも同じようにバイクのグローブの補修について、このブログでご紹介したのですが、今回は破れ方がひどかったので、こちらの商品も使って補修することにしました。
合皮用補修シート」です。
画像2 (3)

まずは、破れた所を覆うようにして「合皮用補修シート」を貼り付けました。
角を丸くカットして指の形になじむように、グローブをはめながら作業しました。
接着力が強くてしっかりと付きました。
画像3 (4)
通常はこれで充分なんですが、とてもハードな使い方をするので、さらに、その周りを糸で縫いつけることにしました。
針に糸を通すにはやはりこれは便利です。
簡単糸通し」です。
画像4 (3)
老眼が進行しているとはいえ、何とか針の穴や糸の先は見えますが、実際にそれらを通すとなると大変です。
針に糸を通すだけで結構時間と労力がかかりますが、
①糸を筒の横の溝にしっかりと掛けて、
②針を筒の上から落とすように入れて、
③ボタンを押すだけで糸通し完了です。
縫い物が下手な私は、途中で何回も針から糸が抜けてしまいますが、そんなことを繰り返してもボタン一つで、さっと糸通しが出来るので助かりました。
画像5 (1)

バッチリ補修できましたので、まだまだ使えるかな? 
実際の使い勝手も良好です。
画像6 (2)

縫い付けた後、針にべったりと粘着成分が付いてしまいました。
「今回の補修で針が一本ダメになったな」と思ったのですが、「シリコンペン」で針をこすったら、粘着成分が取れて、針は元通りになりました。
改めてこれも便利な商品だなと思いました。
画像7
夏本番はもうすぐそこです。
まだしばらくは不安定な天気が続きますが、皆様体調に気を付けてくださいね。
では、また。



みなさん、こんにちは。
大阪支店カスタマーサポートチームの大橋です。
もう12月に入りまして、今年もあと残りわずかとなりましたね。
日に日に寒さも増してきておりますが、いかがお過ごしですか?
近所の公園の木も紅葉の時期は終わって、冬本番が近付いている様です。
画像1 (1)
私事で恐縮ですが・・・
私は趣味のバイクで春と秋の年2回、泊りがけのツーリングに行くのを楽しみにしているのですが、今年は2回とも雨になってしまいました。
春は富士山に行ったのですが、出発日の朝から大雨。
そして秋は、近場にしようと兵庫県の香住というところへ行きましたが、台風接近の為またしても大雨。
本当に今年は普段の行いが良くない為か、雨にたたられました。

神様はお厳しいのでした。

長時間雨の中を走行しますとレインウェアを着ていても、どうしても雨が染み込んできます。
特に、ズボンの股の部分が顕著に染み込んできます。
そこで、秋のツーリングの前にレインウェアのパンツの補強をしました。
画像2 (1)
おそらく縫い目から雨水が染み込んでくるのだろうと思い、レインウェアを裏返しにして縫い目の辺りを補強することにしました。
使用したのはこちら!
商品画像1

ナイロン用補修シートです。

ナイロン用補修シートは幅7cmですが、剥がしやすくするために、はく離紙に切り込みが入っていて、切り込み分実寸7mm幅が広くなっています。
この切り込み部分を入れてシートをカットすると、はく離紙が剥がしやすく作業がしやすかったです。
補修画像


シートを縫い目にあわせてカット(角は丸くカットすると剥がれにくくなります)し、貼り付けました。

画像4 (2)
この様に自分で補強したことで、愛着さえ感じ出したレインウェアで台風接近最中の秋のツーリングとなりました。
今回も全く観光なし!
大阪を出てひたすら宿泊先を目指すという前回同様、過酷なツーリングとなりました。

画像5
しかし、過酷であればあるほど宿についてからのお風呂と宴会が一段とありがたく、楽しかったです。
この過酷な行程後の安堵感が、私はたまらなく好きです。

画像6 (1)
今年は雨にたたられましたが、来年こそはいい天気で、観光も楽しめるツーリングができます様に、普段の行いを良くして過ごしてゆきたいと思います。

皆さまにとりまして来年も良い年になります様に、心よりお祈り申し上げます。

このページのトップヘ