KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:スタッフのつれづれ

販売事務チームの河口麻友子です。

だんだん暖かくなってきて、春の訪れを感じます。
春といえば卒業、入学のシーズンですね。
先日、小学生の娘も卒業式を迎えました。

そこで、子どもの門出に華を添える気持ちで、卒業式に身に付ける髪飾りとコサージュを手作りしました。
フラワーコーディネーターの友人に教わりながら、初めての挑戦!
写真1
写真2
お花屋さんで、使いたいお花をイメージしながら選び、いざ作って形になるまでどんな仕上がりになるかドキドキでしたが、イメージ通りの仕上がりになりました!
写真3
娘には、一輪でもインパクトのある鮮やかな色のガーベラと、ガーベラの花びらでかんざしを作りました。
 
元気いっぱいの娘に、とても合った髪飾りになりました•*¨*•.¸¸♬︎  
写真4
私は小花とグリーンでまとめました
 写真5
紺一色のワンピースでしたが、コサージュを付けることで明るく華やかな印象に変わりました。
繰り返し使えるアートフラワーもいいですが、やはり生花は香りもよくフレッシュ感があります!
写真6
そして、天候にも恵まれ、お花のように晴れ晴れとした気持ちで無事卒業式を終えました。

4月から娘も中学生。
ランドセル姿を見れなくなると思うと、どこか寂しい気持ちもありますが、これからの成長が楽しみです(*˘︶˘*)

春の香がチラチラ。
鍋の季節も終わりです。
こんにちは、販売事務チームの川本です。

寒い時は鍋が美味しかったですね。
鍋と言えば、思い出があります。
数年前まで独居の母の元に毎週水曜日訪問し、一緒に晩御飯を食べていました。
ある時から冬が過ぎ春になっても夏になっても、いつ行っても鍋料理ばかりになっていました。
エアコン嫌いの母なので、夏は一台の扇風機のみで汗をかきながら鍋をつつく。
それでも家に訪問すると、何か用意してくれているって行為が嬉しくって。
でも変わった鍋も多々・・・
ほんの一部のご紹介

① (3)
ポテトにベーコン巻いたヤツがはいっている。
これって焼いて食べたら美味しいんちゃうの???

② (3)
これも同じ。
アスパラにベーコン巻いたヤツ。

③ (3)
分かりにくいけど、これは・・・
後は揚げるだけ!
って衣までがついて売っているとんかつで、揚げもせず入っていた。
ボワ~と衣が分離していたなぁ。

まぁ鍋は何入れても良いんですけどね。
ちなみに私は良い人なので、
「面白いね~美味しいね~」
って、言いながら頂いていましたよ。

④ (3)
お寿司に使うような、海老が乗っかっていたり。

⑤ (3)
葉っぱが乗っかっていたり。

⑥ (2)
この黄色いのは玉ひも?鳥の肝???
うぅ・・私、無理。
食べられない。
母は好き系のようです。

⑦ (1)

これはキムチ鍋だったか?
カニが入っていた。
可哀想なカニ。せっかくのカニの味がしないよ~。
手も赤くそまりベチャベチャでした・・・

母「来週何の鍋にする?」
 (^-^)「何作ってくれるの?!」
母「すき焼きにしよか!」
 (・∀・)「え そうなん?」

でも そんな会話は母の記憶にはありません。
翌週訪問して、いつもの謎鍋だけど
 (^◇^)「わ!美味しそう!」
いつもの挨拶です^^

⑧ (1)

ちなみに焼きそばにサクランボがのっていることもありました。
彩りの為? 
なんで?

ある日 母との食事の最終日がありました。
いつも母の部屋の階のエレベータ前まで送ってくれていたけど、
「あっちまで行けないから、今日はここでバイバイね」
 (゜-゜)「バイバイ またご飯食べよね」
「うん ありがとう」
 (゜-゜)「ありがとう!」
玄関でお別れ。
母は急に足が弱りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
母は
健在です。
諸事情で施設にお世話になっています。
変わらず毎週水曜日は、母ところに訪れています。
晩御飯は一緒に食べられなくなりました。

 (^-^)「今日の晩御飯なんやったん?」
母「魚の唐揚げ」

いつもそう言います。
そんな硬そうなん無いとは思うけど。
 (^-^)「全部食べた?」
母「口まで運んでくれたらもっと食べる」

施設に行ってからも、季節ごとに一緒に外食はしていました。
でもそれも段々難しくなり。

母「また連れて行ってな!」
 (^-^)「何食べたい?」
母「餃子とかピザ」

謎鍋でもお惣菜でも一緒に食べることがご馳走ですよね。

9


とうとう僕の嫌いな季節になってきましたっ(泣)
毎年、花粉症で体調を崩す西日本セールスチームの上田です。

ここで花粉症の方には必見!
症状を和らげる期待ができるものを調べてみたので、ご紹介!

【良いとされているもの】
・ヨーグルトや納豆などの発酵食品
・ポリフェノールたっぷりチョコレート
・鰯や鯖などの青魚
・エゴマ油や亜麻仁油
・レモンバームやカモミールティー

ムムム・・・好きなものがチョコレートしか当てはまらない・・・

【逆に悪いとされているもの】
・脂肪の多い肉
・コーヒーなどの刺激物
・お酒
・辛い物
・甘いお菓子

ムムム・・・好きなものがほとんど当てはまる・・・
特に辛い物好きなのに~
なんてこった!!

辛い物・コーヒー・お菓子・・・ヤメラレナイデス~
悩んだ結果・・・
和らげるより、20年ほどでタルんだ身体を改善してみようと思い、ジムに通う事にしました。

そこでトレーニングウェアを購入~
ジャージが擦り切れるまで頑張ろうと思います!!
しかし擦り切れても、穴が開いても大丈夫♪
KAWAGUCHIではジャージ用の補修布も扱ってるので安心♪♪
画像1
インナーが破れても大丈夫!!
画像2
走る前には当然コレ!!
画像3

花粉症で悩まれている皆さんも体質など万全の対策で、乗り越えましょう!!

初めてブログを担当させていただきます。
生産管理チームの伊藤と申します。
よろしくお願い致します。

さて、3月に入り卒園・卒業のシーズンですね。
そして4月は入園・入学シーズン到来。
(おめでとうございます!)

入園・入学を迎えるお子様のいらっしゃる親御様は、洋服や持ち物へのお名前つけをされている頃ではないでしょうか??

かくいう我が家の子どもたちは、この春に保育園の年少・年長に進級します。
進級時もお道具が増えますので、お名前つけは必須ですね。

弊社では、お名前つけの便利グッズをたくさん取り揃えておりますが、その中でも私の一押しは・・・
タグペタラベル】です。
洋服の洗濯タグに貼り付けて、洗濯後の仕分けの目印に重宝していましたが、他にもお勧めの使い方がコチラ!
写真1
歯ブラシへのお名前つけです!

歯ブラシに油性ペンでお名前を書いても、なぜだか数日で消えてしまう><
プラスチック部分ではなくゴム部分へと、書く場所を替えても、やはり消えてしまう。
・・・というご経験はありませんか???
(ウチだけでしょうか?)

そこで思い出したのが、洗濯タグ以外にもプラスチックなどツルツル面への接着が得意な【タグペタラベル】です。
色んなカラー&形がある中、それぞれ子どもの好きな色を選んで・・・
写真2
小さい箇所にも書きやすい【カラーなまえペン】でお名前を書きました。
写真3
完成です!
写真4
この春、年少に上がる娘は、まだひらがなが読めませんが、
「○○ちゃんの好きなピンクだ!これ○○ちゃんのだね!」
と、色で自分の持ち物だと判断して満足気です。

老眼の始まった親(私)も、洗濯ものと同様に、色ですぐに見分けがつくので助かっています!
歯ブラシでお困りの皆さま、ぜひお試しくださいませ!

セールス課の河口万里です。

KAWAGUCHIスタッフブログは社員全員が、交代で書いていくことになっており、
「今回は何を書こうかな・・」
と、呟いたところ
「催事とお酒!」
と、同じ課のメンバーに言われました。

そうそう、催事とお酒ね。

お酒については・・・
私を知る方や友人からすると、私のイメージは食べ物とお酒。
良く食べ良く飲み、お酒や食事の話をしている時が一番楽しそうなのでしょう。

で。
催事については、今年に入って続いているので、確かに色々とネタがあるかも。

催事やイベントが続くと、立っている時間が長いのです。
一日中立っていると、腰や足、膝が痛くなり長丁場の時は体に堪えます。

それが、今年の私は何かが違うのです。
イベントが続いても、体が今までよりずっと楽!

私が常々考えていることは、色々なことを年齢のせいにしたくないということです。
そして、いつまでも元気に食べて飲んで心も体も健康で過ごしたいという思いから、ジムに通い始めたのが去年のことです。

間違いなくその効果が体にでており、立ちっぱなしの仕事でも体への負担が少ないのだと確信しています。

最近の自宅でのトレーニンググッズはこちらです。
Blog_1
ボールは主に内転筋のトレーニングに最適です!

Blog_2
こちらは数年前に購入。腹筋以外にも使用できて優れものです。

私の通うジムは、オシャレな雰囲気や女性専用のジムとはかけ離れた、東京の御徒町の高架下にあるとっても渋いジムなのです。
都内で唯一のバリアフリー!

私は過去に事故にあっており、訳あり?の体ですが、トレーナーがしっかりついて無理のない様に鍛えて下さる有難いジムなのです♪

通う方、それぞれの体の状態や気持ちに寄り添いながらのジムなんて、素敵だと思いませんか?

リハビリが必要な方が400名以上も通われておりますが、それだけでなく空手や柔道、ボディービルの全日本、世界チャンピオンなど、凄い方達と一緒にトレーニングする凄いジムなのです。
とてもそうは見えないムキムキの筋肉をされた80歳、90歳の方も沢山いらっしゃいます。

トレーニング中は隣や後ろから、すごい声が聞こえてくるのでついつい見てしまいます。
横を向くと全日本女子ラグビー日本代表選手が鍛錬中だったり、オリンピック日本代表の柔道選手だったり、そのトレーニング内容が半端ないのです。
そりゃ声も出てしまうわ!と納得です。

無謀にもその選手の隣で同じトレーニングを試みたりしますが、試したことを後悔するくらいきついのです。
声がでるのも、無理もありません。

私は声がでる・・というよりも、つらすぎて笑いが止まらなくなることはあり、何がおかしいのか自分でも分からないのに笑っていると、周りの方に
「つらいでしょ~、笑っちゃうよね」
と、それを越えられたマッチョならではの余裕の発言。

私も早くそこに辿り着けるように日々鍛錬していきたいと思います!

このページのトップヘ