KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:スタッフのつれづれ

こんにちは。
東日本セールスチームの高橋です。
東京は桜も散り始め、いよいよ春本番です。
桜①NEW
桜②NEW
こちらの画像は、家の近所にある熊野神社の散り始めた桜です。
散った花びらも、こう見るとおつなもんですね~。

さて、今回はヌノデコテープ推しイロ水に強い布用両面テープ使って、あるものを作ってみます。
推し
まずは採寸と下書き。
2
こんな感じかな~?
4
次にふちの仕上げ。
バイアステープは使わず、ヌノデコテープ推しイロを使って。
私の推しイロは黒です。
5
6
こんな感じ~・・
7
次にヌノデコテープ推しイロを折って、紐を作ります。
8
そして両端に付けちゃう。
9
残った布をくり抜いて・・
10
水に強い布用両面テープで接着。
11
仕上げにアイロンをかけて
12
ボトルエプロンの出来上がり~!
13
針と糸を使わず不器用な私でも簡単に作れて、なんと洗濯もできるんです。
父の日・母の日に、
お酒の好きなお父さんお母さんの為に、
気に入った柄で、作ってあげてみてはどうでしょうか・・!?

新年度がスタートしました。
先週は入学式、入園式の方も多かったのではないでしょうか。
新入・進級おめでとうございます。
マーケティング課の渡辺です。

4月生まれの私は、入学式や始業式と誕生日が重なることが多く、
子どもながらに複雑な心境でこの季節を過ごしていました。
新しい環境に不安だらけで、あまりおめでたくなかったのです。笑

大人になり、やっと平穏な気持ちで誕生日を迎えられるようになりました。
私は岩手県で育ち、実家では日用品として南部鉄器を使っていたのですが、
個人的にも好きで自分で買うほか、誕生日プレゼントとしてリクエストしたり…
岩手を離れた今も、いろいろな種類を使っています。
そんな我が家の南部鉄器を紹介したいと思います。

20190410_01
まずは【鉄瓶】
定番の「アラレ」文様です
今はIHでも使えるものがたくさんあります


20190410_02
白色と雫のかたちがモダンな【急須】


20190410_03
これも鉄瓶…に見えますが、小さな小さな【水差し】です

20190410_04
現在、娘のお駄賃入れとして稼働中。。


20190410_05
また鉄瓶…と思いきや、これは【箸置き】

20190410_06
こうやって箸を置くのですが…

20190410_07
箸を取るとき、うっかり鉄瓶もいっしょに持ち上がりがち。笑


20190410_08
ならべるとこんな感じに
アラレ文様の急須をそろえたくなります


20190410_09
【コーヒーポット】
鮮やかな赤! 


20190410_10
【風鈴】
南部鉄器の風鈴は「チリーーーーーン」と響きます
ウチはマンションなので、音を出すのは控えています(飾るだけ。涙)


20190410_11
【焼き焼きグリル】
魚焼きグリルに入れて調理、そのまま食卓にも出せるすぐれもの
ただ焼くだけでイケてる一品に!


20190410_12
【うさぎの形のキャンドルスタンド】
火を灯すと幻想的な雰囲気です


20190410_13
【おまけ】
手ぬぐいとアクセサリー
鉄瓶のフォルムはイラストジェニックなのかもしれません


南部鉄器にもいろいろあっておもしろいですね。
KAWAGUCHIに入社してCohanaに携わることになり、
南部鉄器の文ちんがあったのがとても嬉しかったです。
今年の誕生日は何の鉄器を買おうかしら。 笑

伝統を守りながらも、時代ともに発展している工芸品を
これからも大切に使っていきたいと思います。

みなさん、こんにちは。
生産管理チームの植木です。
4月1日に新しい元号となる「令和」が発表され、
「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」
という説明がありました。
令和元年となります今年の8月、私の次男夫妻に赤ちゃんが誕生する予定です。
3月戌の日に、安産祈願で有名な中山寺にお参りに行きました。
(1)

(2)

昨年、長男夫妻に男の子が誕生しましたので、安産祈願のお参りは2回目になります。
エスカレーターを登りきると立派な本堂が見えます。
(3)
ここで安産祈願のお参りをしたり、安産の祈禱をしてもらうことができます。

(4)NEW

(5)

(6)
安産祈願では、あらかじめ祈禱をしたお守りと腹帯1本をいただきます。
腹帯は長い”さらし”なんですが、この腹帯についての言い伝えがあります。
中山寺でいただく”さらし”の一番端には「男」か「女」のどちらかが書いてあります。
自分で選ぶことができないので、たまたまいただいたものを持って帰るのですが ここに書かれている性別とは逆の性別の子を授かると言われていて、けっこう有名な話なのです。

(7)

(8)
ちなみに昨年、誕生した長男夫妻の孫は「女」と書かれていましたが、男の子が誕生しました!
そして今回は・・・私たち夫婦の希望で”さらし”に書かれている性別を聞きませんでした。
どちらなのか?
今から楽しみにしております。
(9)
カレーパンマンの長男は平成元年生まれで平成三十年に男の子が誕生して、
アンパンマンの次男は平成三年生まれで令和元年に赤ちゃんが誕生します。
男の子でも女の子でも元気で健康に生まれてくるように願うと同時に、早く弊社の「現役ママが考えたおなまえシリーズ」で、孫と一緒にお名前つけができることを楽しみにしています。

(10)
ありがとうございました。

こんにちは、販売事務チームの三宅です。

春分の日の3月21日、東京の桜開花宣言がありました。
本格的に春が到来しましたね。
と、共に花粉の量も毎年増量中で、ただいま目のまわりの痒みに奮闘中です。。
 
写真は、当社の本社から中央通りに向かった沿道に咲くオカメザクラです。
花が下を向いているのが特徴ですが、早咲きで、花期は2月下旬から3月上旬ごろです。
春を待ちわびる心を察して、毎年いち早く和ませてくれます。
写真1
写真2

さて今回は、現在ハマっている「クイリング」。
15~16世紀に、ヨーロッパの修道女が、鳥の羽(クイリング)を使用したことが名前の由来です。
細く切った紙をクルクル巻いて、花や鳥に見立てたモチーフを作ります。
写真3
写真4
材料はボンド、目打ち、クイリングバー。
カラー用紙は片っ端から買い漁りました^^;
写真5
サークルフレームを使って。
写真額

クイリングバーで巻きあげ、紙の習性としてクルクル巻き戻るときが楽しいのです。
写真6
写真7

母や娘にもプレゼント。
写真8
写真9

年末に頂いた卓上式カレンダーのフレームを使って。
写真10
机の回りに飾って、社内にも春を呼び込んでいます。
写真11
写真12






販売事務チームの河口麻友子です。

だんだん暖かくなってきて、春の訪れを感じます。
春といえば卒業、入学のシーズンですね。
先日、小学生の娘も卒業式を迎えました。

そこで、子どもの門出に華を添える気持ちで、卒業式に身に付ける髪飾りとコサージュを手作りしました。
フラワーコーディネーターの友人に教わりながら、初めての挑戦!
写真1
写真2
お花屋さんで、使いたいお花をイメージしながら選び、いざ作って形になるまでどんな仕上がりになるかドキドキでしたが、イメージ通りの仕上がりになりました!
写真3
娘には、一輪でもインパクトのある鮮やかな色のガーベラと、ガーベラの花びらでかんざしを作りました。
 
元気いっぱいの娘に、とても合った髪飾りになりました•*¨*•.¸¸♬︎  
写真4
私は小花とグリーンでまとめました
 写真5
紺一色のワンピースでしたが、コサージュを付けることで明るく華やかな印象に変わりました。
繰り返し使えるアートフラワーもいいですが、やはり生花は香りもよくフレッシュ感があります!
写真6
そして、天候にも恵まれ、お花のように晴れ晴れとした気持ちで無事卒業式を終えました。

4月から娘も中学生。
ランドセル姿を見れなくなると思うと、どこか寂しい気持ちもありますが、これからの成長が楽しみです(*˘︶˘*)

このページのトップヘ