KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:作品の紹介

こんにちは。
マーケティング課の渡辺です。
6月になり全国的に梅雨入り。
そして、学校もいよいよ本格的に始まりましたね。

今回、弊社の『水に強い布用両面テープ』を使い、入学グッズを作ってみました。
体操服をいれる巾着です。

image_07


作り方はとてもカンタン!
-----------------
①布をカット
②印をつける
③両面テープを貼る
④アイロンをかける
⑤ひもを通す
-----------------
ミシンいらず、針いらずの巾着です。


●用意するもの
-----------------
・布(ブロードがおすすめです)
・ひも
・水に強い布用両面テープ 10mm
・ものさし
・チャコペン
・はさみ
・ひも通し
-----------------


▼布をカットして、印をつけます
image_01


▼両面テープ(今回は幅10mmを使用)を貼っていきます
image_02


▼糸を使わず、きれいに仕上がります
image_03


▼半分に折って…だんだん巾着の形になってきました
image_04


▼サイド部分、ひもを通すところ
image_05


▼アイロンをかけると、強度が増します
image_06


▼ひもを通してできあがり!
image_14




詳しいレシピはこちらをご覧いただけます。
お好みのサイズにアレンジするのもカンタン!

image_08



▼ミシンで作ったものと比べてみました
(左がミシン:マチをいれています)
 ※ミシンの方は、切り替え部分に布を足していますが、重さはほぼ一緒です
image_09

▼一度洗濯をしてみました
image_10
image_11
image_12


私はミシン初心者なので、製作時間は半分以下でした。
針と糸を使わずに、お子さまと一緒に作れるのも魅力ですね。

4~5月は休校で、まだあまり使用していないのですが、
使いながら強度などを確認していきたいと思います。

ちなみに…
ひもを切ったあとは、『ほつれ止め筆ペンα』を使いました。
ひもの端がきれいにまとまります。
image_13


ただいまKAWAGUCHIでは、
みなさんのほつれバイバイシーンを、ぜひ教えてください。
ご応募お待ちしております!

こんにちは。
販売事務チームの荒井です。
新型コロナウィルスの影響で様々な状況ですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

この春は桜の花を見ることが出来ないまま時が過ぎ、まもなくゴールデンウイークを迎えようとしています。
いつもならどこへ遊びに行こうかとワクワクするのですが、今年は我慢。

さて、この春も私ばあちゃんは孫の新入園、新入学用にいろいろ作りました。
進級も含めて4人分です。
親バカならぬババ馬鹿ですね。
特に頑張ったのは新入園用。
3年前に新入園、入学用に作った時はそれぞれが好きなキャラクター生地を使い、こんな風にしたら可愛いかと考えて作ったのに、その後よく似たものが売られていたのを見てガッカリしたので、今回は絶対に売ってないような、それでいて可愛いものにするゾ!!と作りました。
ナップザックにもなるように、とのことなのでタブをつけました。

3 (3)
これは新入学用のバッグ。
形は何の変哲もないのですがリバーシブルにしてみました。
5-1NEW
5NEW
姉妹おそろいの上履き袋とコップを入れる袋。それとお弁当用袋。
今はコップだけでなく、お箸や歯ブラシも入れるそうで少し大きめ。
全部リバーシブルです。
って、数が多くて布端の始末が面倒なので中表に合わせて縫ってひっくり返しただけですが…。
4 (3)-1
4 (3)-2
こちらは新4年生と年中組に進級の男の子用。
体操着をいれる袋はナップザックみたいのがいいと言うのでご希望に合わせて作り、保育園で使うお着換え袋も新調。
8 (2)new
もう30数年愛用しているミシン。
このミシンでどれだけのものを作ったかしら…。
2年前にオーバーホールに出し、まだまだ現役でがんばってます!

そして今回、いろいろ作るにあたって一番使ったのがコレ!
長年、多くの皆様からご愛用いただいている【ピケ(ほつれ止め)】です。
6 (3)new
7 (3)new
持ち手のあるものをたくさん作ったのですが、カラーテープは端っこがほつれやすく、カットしたら処理が必要です。
ピケなら、塗るだけでほつれないのでとっても楽。
塗った後、乾くまでは他の作業を続けます。
乾くと少しだけ硬くなりますが、ミシンで縫うには全然問題ありません。
ピケの他の使い方として、既製の洋服はどうしてもボタンが取れやすいのですが、あらかじめ縫い付けてある糸の部分にピケを一滴塗っておくと、ほつれにくくなっていいですよ!

ばあちゃんは孫が使ってくれる時の顔を思い浮かべながら作りましたが、まだ新型コロナウィルスの感染拡大防止のための休園、休校のため出番がありません。
また何の心配もなく外に出られる日が、早くくるといいですね。

まだまだ外に出る時はマスクが必要ですが、なかなか入手できず、前々回のブログでも手作りマスクを紹介していたので、早速私も挑戦してみました。
9 (2)
10
初めて作るのにいきなり立体マスク!
品薄のマスクゴムの代わりにアクリル毛糸を鎖編みにしたものを使いました。
うーん、縫い代の始末を怠ったので出来はいまひとつ…。
でもなんとなくコツはつかめたので、今度はもっとうまく作れるかな。
使い心地も良かったので、また頑張ります!
かつては柄の生地で作ったマスクなんて…と抵抗があったのですが、今は皆さん色々な色、柄のマスクされてますね。

もうすぐゴールデンウイーク♪
まだまだ家にいる時間が長くなりますね。
皆さんもぜひ、手作りマスクに挑戦してみてください。

こんにちは。クリエイティブチームの吉田です。
週末はお出かけしようかなと考えていましたが
新型ウィルスやインフルエンザなどのことも考慮して
おうちでゆっくり過ごすことにしました。

そこで、木製小物入れに好きな紙を入れていたディスプレイを見たのを思い出し
ヌノデコシートを使って作ってみることにしました。
準備は簡単、ヌノデコシートと木製小物入れ。
後は、カッターと定規。ハサミでももちろんOK♪
nunodeco①


まずは区切りのサイズにヌノデコシートを6枚カットします。
nunodeco②


次に剥離紙をはがして、ペタペタ貼ります。
nunodeco③

あっという間に完成!!

nunodeco④

で、何を入れよう?
家で使うならアクセサリー入れとか玄関で自転車の鍵とか入れたり、
会社のデスク周りなら、はんこや指サック、クリップ入れに♪
nunodeco⑤

【おまけ】ペンたてにもヌノデコシートを貼って統一感を出してもいい感じ♪
nunodeco⑥

みなさん、こんにちは!
生産管理チームの廣澤です。

今年も残りわずか。
一年が、あっという間に終わってしまいますね~

さて、今日はポーセラーツに挑戦したときのことをご紹介します。
ポーセラーツとは、真っ白な陶器に好きな色や模様の転写紙を自由に貼って、食器やアクセサリー、小物などが作れるハンドクラフトです。

今回はお試しで、小さな角皿を選びました。
写真1
まずは、好きな転写紙を選びます。
写真2
次に、好きな形に切り取って貼る位置を決めます。
写真3
位置が決まったら水に濡らして、
写真4
転写紙を台紙からはがして、お皿に貼ります。
この時に、ゴムべらのようなペンで水分や空気を抜きます。
写真5
専用の電気炉で焼成して、完成です!
写真6
写真7
左右どちらに置いても、絵柄が繋がるようにしてみました。
マトリョーシカと毒キノコがワンポイントです♪

上級になってくると…
もっと豪華で、素敵な食器が作れるのです。

2020年も、いろんなことにチャレンジする年にしたいと思います。
よろしくお願いいたします!

こんにちは、東日本セールスチームの高橋です。
どんどん秋が深まり、冬が近づいて来ましたね。
皆さん風邪などひかないよう、気を付けてお過ごし下さい。

最近弊社は、文房具の業界のお客様にも商品を取り扱っていただいております。
その業界のお客様では、年数回全国各地の問屋さんの展示会があります。
①NEW
②NEW
③NEW
④NEW
写真5-1
その中で商品紹介に欠かせないのは、作品サンプルです。
今、いち推しで紹介している商品の作品サンプルはこれです。
⑥
⑨
⑩
布に描ける【ヌノデコペン ドット】で、作ったサンプルです。
そして、商品とともにディスプレイ。
⑦
うん、まあまあ、、、
ってことで、
【ヌノデコペン ドット】のディスプレイには、このサンプルを使ってます。

あ、おい、げんまい(ウチの愛猫)それ枕じゃないから、、、
⑧


このページのトップヘ