KAWAGUCHI ブログ

てづくりで、人と社会に「ニコッ」を届ける
モノ・コト・バ創りカンパニー

カテゴリ:商品の紹介

こんにちは。
マーケティング課の渡辺です。
6月になり全国的に梅雨入り。
そして、学校もいよいよ本格的に始まりましたね。

今回、弊社の『水に強い布用両面テープ』を使い、入学グッズを作ってみました。
体操服をいれる巾着です。

image_07


作り方はとてもカンタン!
-----------------
①布をカット
②印をつける
③両面テープを貼る
④アイロンをかける
⑤ひもを通す
-----------------
ミシンいらず、針いらずの巾着です。


●用意するもの
-----------------
・布(ブロードがおすすめです)
・ひも
・水に強い布用両面テープ 10mm
・ものさし
・チャコペン
・はさみ
・ひも通し
-----------------


▼布をカットして、印をつけます
image_01


▼両面テープ(今回は幅10mmを使用)を貼っていきます
image_02


▼糸を使わず、きれいに仕上がります
image_03


▼半分に折って…だんだん巾着の形になってきました
image_04


▼サイド部分、ひもを通すところ
image_05


▼アイロンをかけると、強度が増します
image_06


▼ひもを通してできあがり!
image_14




詳しいレシピはこちらをご覧いただけます。
お好みのサイズにアレンジするのもカンタン!

image_08



▼ミシンで作ったものと比べてみました
(左がミシン:マチをいれています)
 ※ミシンの方は、切り替え部分に布を足していますが、重さはほぼ一緒です
image_09

▼一度洗濯をしてみました
image_10
image_11
image_12


私はミシン初心者なので、製作時間は半分以下でした。
針と糸を使わずに、お子さまと一緒に作れるのも魅力ですね。

4~5月は休校で、まだあまり使用していないのですが、
使いながら強度などを確認していきたいと思います。

ちなみに…
ひもを切ったあとは、『ほつれ止め筆ペンα』を使いました。
ひもの端がきれいにまとまります。
image_13


ただいまKAWAGUCHIでは、
みなさんのほつれバイバイシーンを、ぜひ教えてください。
ご応募お待ちしております!

こんにちは。生産管理チームの伊藤です。

なかなか外に出かけることができない日々が続きますが
季節は春から夏へと近づいていますね。
そこで我が家では先日衣替えをしました。

そのついでに以前からプチストレスだったことを解消しました。
それは子ども用の「ハンガーのお直し」です。
1
洋服を買った際に頂いたプラスチック製のものなのですが
不器用な子どもたちはジャケットが滑ってうまくかけられず
毎回悪戦苦闘していました。

そこでこちらの滑り止め剤「ニュースベラナイン ミニ」を使いました。
2
肩の部分で3本ラインに塗りました。
3
乾くと半透明になります。
4
これで子どもたちも洋服が滑らずかけられるようになりました。
5

まだまだ巣ごもりが続きそうですので、
気になっていたもののメンテナンスに精を出したいと思います。


こんにちは。
カスタマーサポートチームの大橋です。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
最近は、新型コロナウイルスの情報で気持ちがめいりがちですね。
早く平穏な状態になってほしいと、願ってやみません。

先週は、近くの公園の桜も満開に近い状態でした。
季節は、本格的に春ですね。
画像1
しかしながら、なるべく外出を自粛する状況なので家にいる時間が長くなりました。
そんな時こそ、気になっていた物を補修しよう!と、冬用のバイク用品を補修しました。

この冬用のジャケットも、25年以上は着ています。我ながら、物もちいいですね。
画像2
良く見るとこんなことに。
あーあ。
画像3NEW
そこで【水に強い布用両面テープ】を使って簡単に補修しました。
水に強い布用両面テープ画像
お気に入りの生地をアイロン掛けして整えて、
画像4
貼り付けるだけで完成です。
簡単に良くなりました。
画像5
暖かそうなネルの生地なので貼った後は、着ると背中がほかほかしました。

それから・・・こちらの冬用のグローブも補修しました。
あちこち破れてます。
画像6
破れてしまったところに【合皮用 補修シート】を貼りました。

合皮用補修シート画像NEW
画像7
さらに補強のために周りを縫いました。
簡単糸通し】は便利です。
簡単糸通し画像NEW
画像8
我ながら良くできました。
直す前よりかっこよくなりました。(自画自賛)
画像9NEW
これでまだしばらくは、使えそうです。
これからも大事に使おう。

みなさんもご自宅にいる時間に、何か気になっている物を直してみませんか?
直すと気持ちも良くなって、物にも愛着がわいてきますよ。

みんなで力を合わせて平穏な日常に戻れますよう、がんばりましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
どうぞ体調には気を付けてお過ごしください。
では、また。

皆さん、こんにちは!!
セールス課東日本セールスチームの小島です。

4月に入り、春を感じられる気候になってきております。
そろそろ冬物は本格的にしまい、春物の洋服の出番、衣替えの時期です。

私も先週のお休みの日に、衣替えをしたのであります。
そんな時、お気に入りのジャケットの“虫食い穴”を発見!!
1.ジャケット穴new
これはKAWAGUCHIの【カンタン補修】の出動です。

2.内容物
3.パッケージ裏面
パッケージ裏の使い方をしっかりと読んで、正しく使いましょう。
4.先カット
5.カット済粉
まず、ノズルの先をカットしましょう!
パウダーは細かい粒子です。
そして、補修箇所の穴の周りをきれいにカットしましょう。
6.共布new
補修する穴と同じ大きさにカットした、共布(丸い布)を穴にはめ込み、共布よりも大きめにカットした補強布を用意して、アイロンで圧着しましょう。
はがれにくいようにするために、アイロンの熱が完全に冷めるまで動かさないようにしましょう。
12.修正1new
冷めました!!
キレイに補修出来ましたか・・・
及第点ですかね。

皆さんもお気に入りの洋服を簡単に諦める前に・・・
KAWAGUCHIカンタン補修シリーズでリペアーしてみましょう!!

こんにちは
クリエイティブチームの荒木です。

来週はもう早くも3月になりますね。
私が通勤時に通りがかる公園では、梅の花がきれいに咲いていて、
「あ~もうすぐ春だなぁ」って毎日眺めています。

梅

この時期、入園・入学を控えたお子さんが居るご家庭では、
袋物や用品の準備があり何かとバタバタしますよね。
多分、同じ悩みをお持ちの方が多いと思うのですが、いかがでしょうか?

コップ袋に給食袋、体操服袋にうわばき袋、体育館シューズ入れ…
巾着ぶくろだけでこんなにたくさん!

作るのも大変だけど、実際にお子さんが使う時に、どの袋に何が入っているのかわかるのかな?

そんな中、わが社の若きママも、先輩ママに教えてもらって工夫をしていましたよ♪

ジャーン!!!
家庭用プリンターで印刷が出来る布で、しかもアイロン接着ができるのです。

11-271A4ラベルアイロン

パソコンでうわばきや体操服のイラストを並べて印刷♪

プリント中


カット

カットして、アイロン接着をします。
(実際にはあて布をしてくださいね。)

アイロン

巾着


ほら!こうしておけば、お子さんも迷いませんね。

ぜひやってみてください♪

KAWAGUCHIのサイトでは、「水に強い布用両面テープ」を使って、縫わずに作れる巾着ぶくろのレシピを公開しています。


94-014

給食ナフキンと巾着

本当にあっという間にできるので、こちらもお試しくださいね!
(あまり重いものを入れる場合には向かないので、ご注意ください。)

このページのトップヘ